テーマ:相撲

学生横綱とプロ候補

我が母校は、基本的に指導者養成の学校なので、 意外と思われるかもしれませんが、 各競技において、プロ入りする選手は そう多くありません。 しかし、最近、以下の お二人の動向に注目いたしております。 元学生横綱の明月院関。 千代富士さんの部屋に所属されているそうです。 http://mainichi.jp/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泣きっ面に蜂

お世話になっている公認会計士の先生の葬儀に参列しました。 早過ぎる旅立ちでした。 享年60歳。 野球部の先輩が運営する医療法人の顧問の先生です。 当事務所も、4社のお客様を ご紹介賜っていました。 昨年末、一緒に飲んだときには 凄く元気でいらっしゃったのに・・・ 突然の訃報に、私は言葉を失い、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

前職から感じた行動力や魅力

貴乃花親方良かったですね。 色々なご意見があるでしょうが、 「立候補したら破門」 では、伝統というよりも悪しき慣習としか思えません。 あとは、結束した先輩諸氏から冷や水を向けられないように、強い弟子を育てることでしょう。 朝青龍を超えられる三代目貴乃花に期待しています。 個人的に、ダーティー・ヒーローは必要だと思うのですがね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「涙は心の汗」の由来

「涙は心の汗だ!」 と、少し昔の青春ドラマで、あまり上手ではないラグビー・シーンを披露する中村雅俊が叫んでいました。 それから数年後、青春スターの大袈裟な物言いに対して、 「涙は心の汗」 は、下克上的お笑い芸人達からの格好のツッコミ・ネタとなりました。 しかし、世の中への浸透度を鑑みれば 確実に一時代を築いた名(迷)フレーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

罪深き隠語

「かわいがり」 という相撲界の隠語を世間が知ることになりました。 エンドレスの ぶつかり稽古を指すのか? 金属バットによる凄惨なリンチを指すのか? はたまた “根性焼き” を 体の数箇所に作ることなのか?・・・・ その語義は よく判りませんが、いずれにしろ、17歳の新人力士の尊い命が犠牲となりました。 犠牲者の親御…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

診断書の真偽 と 医師の信義

相撲協会が下した、横綱・朝青龍への処分は、「4ヶ月間の謹慎、減俸30%」だそうです。 事の発端は、「腰の疲労骨折・全治6週間」 という仮病疑惑です。 朝青龍は、サッカー上手でしたね。 協会へ巡業を休む報告をする際、 「医師の診断書」 が添付されたかどうかは知りませんが、もしも骨折が嘘で、医師も 嘘の診断書を書いたのだと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more