自分の「分」と「適正負荷」を見極め、今年の秋冬を どうするか (どうなるか?)

今日は、9月18日。
厳しい残暑も逓減傾向にあり、もうすぐ秋の訪れです。

公私共々、無い知恵を絞り、粒粒辛苦、悪戦苦闘の日々ですが、実りの秋を待ち侘び、なんとか頑張っております。

社労士業務では、先週、他士業者様からの ご紹介により、10月1日~の新規顧問契約が2社決まりました。

行政書士業務では、ちょっと面倒な状況であった 建設業・経営管理責任者変更の手続きが無事に終了し、胸を撫で下ろしました。

事務所業務以外では、大学院の後輩達との執筆作業 & 校正作業が やや遅れています。

なので、当方の許容量では無理っぽい仕事の幾つかを お断りさせていただきました。
お断りさせていただいた中には、新規の大きめな ご依頼もあり、とても有難くはあったのですが、事務所と自分自身のパンクを恐れました。

それとは別件で、既に受注済みであった業務の話が流れてしまいました。
こちらは、事前調査も含め、かなりの下準備をしていたのですが、土壇場で、先方のご意向と合致しない旨を告げられました。
とどのつまりは、進捗状況に応じた確認を怠った僕のミスとなりますが、「ここまでやらせておいて、それはないよな」 という残念な思いもあります。

不思議なもので、依頼は重なります。
忙しい時に、新規の依頼が舞い込みます。
今、当事務所にとって急務というか、僕自身に求められているのは、チャンスロスしない体制作りのような気もしますが、その反面 「無理し過ぎるな」という暗示のようにも思えます。

自分の「分」を見誤ると、事務所経営も明後日の方向へ進み、ニッチもサッチも行かなくなりそうです。
いくつか前の投稿で、「ストレスとリラックスの黄金比」 について書きましたが、「分」 と 「適正負荷」 は密接に関係しているものでしょう。

そんなことを思ったのは、先週の金曜日、大学院の先輩の社労士事務所で、ハラスメント研修をさせていただいたことも影響しています。

画像

画像

「セミナールーム」なる環境が常設されている とても大きな先輩事務所にて、そちらのクライアントさん向けに お話させていただきました。

立派なチラシも作っていただき恐縮でした。

研修は、ご清聴いただき、無難に終了いたしました。

その後、先輩と お互いの近況報告をし合ったところ、
M&A に精通されている先輩のご活躍は凄まじく、当該分野で本当にお忙しそうでした。

画像

『実録!厚生年金基金脱退とM&A・ICのはなし』 
野中 健次 (著)

http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9F%E9%8C%B2-%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%B9%B4%E9%87%91%E5%9F%BA%E9%87%91%E8%84%B1%E9%80%80%E3%81%A8%EF%BC%AD%EF%BC%86%EF%BC%A1%E3%83%BB%EF%BC%A9%EF%BC%A3%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E9%87%8E%E4%B8%AD-%E5%81%A5%E6%AC%A1/dp/4539722719/ref=ntt_at_ep_dpt_1

ご著書も出版され、先輩ご自身も、代表社員を務められる法人事務所も、今後ますます大きくなられていきそうな勢いを感じました。

同時に、「M&Aは、僕には難しい領域だな」 と思いました。
報酬面も含め、すごく魅力のある業務のようでしたが、僕の小心者的性格では、莫大なお金の動く話を 手際よくこなせなさそうです。

野球に例えるなら、先輩は4番バッターで、僕は2番バッター。

今後も 地道 かつ 分相応にやっていこうと思いました。

画像

仕事と近況報告が終わったら、飲んで、カラオケです。

会社員である別の先輩も合流され、楽しい一夜となりました。

仕事のスタンスは、皆違えど、同じ大学院の苦労を共にしたので、良い酒宴となりました。

それと、男40代、皆それぞれの挫折や苦節がありますね。
許せないこともある (あったネ!
怒りや憤りの感情は、火元と同じ土俵に上がって不毛な争いで消化しようとせず、陽転思考をもって、建設的なパワーに変えていきましょう!
これぞ、アンガーマネジメント!!

画像

大学院の先輩の話をしたところで、今度は大学の話。

先週は、神奈川県と千葉県の私立大学でハラスメント研修に登壇させていただきました。

両大学とも、手前味噌ながら、良い研修となりました。

大学の空気感って、めちゃめちゃイイです。
こういう清々しい環境に身を置けるのは、老若男女 とても幸せなことだと思います。

僕自身の大学生活、大学院生活、色んなことがフラッシュ・バックし、さらば青春の光でございました。

それにしても、大学構内に、自分のバカ面が載ったポスターが掲示されていたのには笑いました。
小っ恥ずかしくて、写真も撮れませんでした。

こんな今日この頃です。

昨年は、10月6日が親父の納骨の日でした。

昨年も、8月、9月と怒涛の毎日でしたので、納骨が終わったら、少し ゆっくりしようと思っていたところ、納骨後すぐに、
某国立大学行政法人から 6回シリーズの研修ご依頼、
大学院の先輩のIT会社から 5回シリーズの研修ご依頼を頂戴し、
怒涛の日々は、年内いっぱい続いたのでした。

今年は、どうなるのかな?
いや、どうしようかな?
どうすべきなのかな?
・・・などと思っている今日この頃です。

今月末は、関西出張にかこつけて、大学時代の親友と会います。
再来月は、高校野球部時代の後輩の結婚式に呼ばれています。
楽しいことも控えています。

今日は、朝一で、経審(経営事項審査)の提出。
溜まっている懸案事項の幾つかを もう少しクリアできたら、
今年終盤の身の振り方を 落ち着いて考えます。


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ

"自分の「分」と「適正負荷」を見極め、今年の秋冬を どうするか (どうなるか?)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント