自分の声を聴く

              ♪ ワン・ ツー・ スリー ♪
画像



「自分の声」 を聴き慣れていらっしゃる方というのは、テレビやラジオ、はたまた社内放送などに出演される方々以外、そうそう おられないものと拝察いたします。

若い頃に、セミナー講師を ご依頼いただいた際などは、練習中の自分の声を よく録音しました。
話すペースや抑揚、聴き手に不快感を与えない工夫等、下手なりに 微細に渡って確認したものです。

最近における同様のケースでは、多少の慣れもあり、パワポのストップ・ウォッチ機能で時間配分に気を付けるくらいで、録音まではしなくなりました。

録音しない理由は、慣れに加え、自分の声が あまり好きでないこともあります。
何処か 重みに欠けるようで、聴いているだけで 嫌悪感が立ち昇ってくるのです。

実際に講師役をした際には、嫌悪感を払拭すべく、ペラペラと舌を回さず、少しでも説得力が増すよう、なるべく ゆっくりと話すことを心掛け続けてきました。


今般、久々に自分の声を聴きました。
先日、大学院で研究発表した際の内容を録音していただいたのです。

自画自賛する訳ではないですが、40歳の自分の声は、セミナーをやり始めたばかりの 20代後半~30代前半の頃とは明らかに違いました。

我ながら、なかなか聴きとり易いかなと。。。 ^^

また、大学院生活の良い記念にもなりました。
修了は まだまだ先ですし、目途さえもついていない現況ですがね。 ^^;

多少なりとも聴きとり易かったのは、録音機器の進歩もあるのでしょう。
USBに挿して、パソコンから 凄く クリアな音で聴けるのには驚きました。

幼少の頃、テレビの前にラジカセを置き、家族の会話や足音を制して ジュリーの歌声を録音していた私には隔世の感があります。

私は 機械音痴なので、残念ながら 今般の美声をアップできないのですが、幼い頃に真似しまくったジュリーの名曲を以下に お届けいたします。





いつか、自分の歌を聴いてみたい・・・ ^^;
選曲は もちろん、ジュリー・・・ ^^ 


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

"自分の声を聴く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント