「意味報酬」 が モチベーションの源泉であり、 マイ・プレジャー に至るという話

本日、7月26日。
野球が熱いですね。

プロ野球オールスターでの大谷選手の二刀流に湧き、
都市対抗野球では 新日石エネオスの二連覇に感動、
高校野球では、怪物・松井投手を下した横浜高校の底力に唸りました。

画像


横高 - 桐光戦は、テレビ観戦いたしましたが、横浜高校選手達のプレーから 「打倒 松井!」 への闘志が ワナワナと伝わってくるようでした。
対する、桐光の選手たちは 何処かスマートに見え、下記URLで前田幸長さんが解説しているように 「省エネ投法」 が横高の泥臭さに屈したのかもしれません。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/baseball/hs/2013/columndtl/201307250008-spnavi

まぁ、結果論では 何とでも言えます。
松井投手の最後の夏を甲子園で観られないのは残念でありますが、神奈川には、横高・伊藤投手、東海・青島投手、桐蔭・斎藤投手、平学・熊谷投手などの逸材が まだ勝ち残っております。
戦国神奈川の覇権争いに最後まで目が離せません。というか、離したくありません。

修徳 - 二松学舎の東東京決勝も楽しみ。
修徳は、高3の夏に逆転負けした思い入れの強いチームですし、二松の決勝10回目での初悲願達成を観たい気もします。

とにかく、夏は野球です!

画像


野球ばかり観ているようで、仕事もしています。

前投稿でも書きましたが、各所に呼んでいただき、拙い話を披露しています。

最近 テレビで引っ張りだこの東進ハイスクール・林先生のような講義を目指し、なんとか先生流の話法を吸収したいと思うのですが、そう簡単には参りません。

私如きが、そう簡単に真似できるような奥深さではないのでしょう。

一流が一流たる所以は、並々ならぬ努力、緊張度の高い場数、工夫に工夫の積み重ね・・・等々、一朝一夕に模倣できない総合力にあるのだと思います。

自分も少しでも総合力を身に着けるべく、研鑚に努めます。

画像


一流とは程遠い私でも、登壇先の方々から とても嬉しく、そして とても有難い リターンを頂戴することがあります。

それが上記写真のような、私の研修への感想文や御手紙です。

これらを拝読すると、私のような性格の悪い者でも泣けてきます。
「やって良かった!」 「頑張って良かった!」 「また頑張るぞ!」 などと、心から思える瞬間ですね。

こうした恵与を 「意味報酬」 と呼ぶのだと思います。

株式会社 リンクアンドモチベーションの会長CEOである小笹芳央 氏が、意味報酬について、以下のように述べられています。

「人は、『金銭報酬』に加えて、リーダーへの心酔、仲間との絆、仕事に内在する使命感、自己の成長感などの「意味報酬」を求めるものです・・・」。
http://ameblo.jp/ozasa-yoshihisa/entry-11218163480.html

まったく、その通りだと思います。

「金銭報酬」も、もちろん嬉しいけれど、それだけでは 自己肯定感が得られない。
言葉による評価、フィードバックをいただくことがモチベーションの源泉となり、喜びや満足へと繋がっていくのでしょう。

画像


1月20日から減量とトレーニングを開始し、半年以上が経過しました。
今の体重は、高3・夏の大会時と同じ60キロです。

半年で22キロ戻し、定着させつつあります。

1500m走ならば、高校時代と変わらず、5分を切れるぐらいに体力も復活しました。

ここまで出来たのも、会う人々から 「痩せたね」 のフィードバックが欲しかったからかもしれません。

豚がおだてられて木に登った感じです。

画像


写真のお酒は、誕生日に後輩の社労士から ご恵贈いただきました。

ユーモラスな気遣い、優しさに感動しました。

プレゼントは、高値の物だからいい訳ではないですよね。

画像

同業者の友達が あまり多くない私ですが、当該後輩を含め、仲の良い社労士とは、バカ話で痛飲します。

「フラッフラ」に注意できなくてゴメン!

でも、そんな終業後の憩いの場も、私にとっては 意味報酬、マイ・プレジャーです。


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント