日体大野球部を応援し、医療経営士試験を受け、業歴を司る幹と枝葉のバランスを考えた話

本日、6月19日。

ここ10日間ほど、研修登壇、葬儀参列、懇親会や飲み会への参加などがギッシリで、かなりアクティブに過ごしました。
ちょっと、疲労困憊気味の今日この頃です。

日課の早朝腹筋とランニングは欠かしていませんが、少し無理している感じかな。
まぁ、こんな時期もあるでしょう。

自分の理想は、日々の対応に追われて終わらないことと、不安に苛まれない日常を送ること。
そして、小さくとも目標を掲げ、その実現に向けて進むこと。
こんな風にありたいものです。

それでは、以下 6月第2本目の投稿を ご笑読くださいませ。

画像

全日本大学野球選手権における日体大野球部の健闘には感動しました。
私は 生とテレビで2試合観戦。
手に汗握りました。

最終的に、名門 亜細亜大学に惜敗するも、吉備国際大、京都産業大、東北福祉大といった全国の強豪を倒しての準決勝進出はお見事でした。
今春の首都大学リーグ戦以来、競り合いには本当に強かったです。

亜大戦、同点で迎えた9回、日体捕手の犠打処理で野選をとられたのが 結果として勝負の分水嶺となりましたが、果敢な攻めの守備は紙一重で、観ていて背中がゾクゾクしました。

宜しければ ナイスゲームのダイジェストを ご覧ください。
野球の素晴らしさが存分に詰まった内容です。
http://www.youtube.com/watch?v=XTQKEFqrjyE

画像


6月16日、「医療経営士」という民間の資格試験を受けて参りました。

病院・診療所・治療院などの顧問先・関与先が それなりの数となり、医業の経営について、少しは勉強をしなければと思った次第です。

試験前の約1ヵ月、本業を圧迫しないよう、毎朝のランニング前や、移動時間等、1日あたり だいたい30分~2時間ぐらいを学習時間に充てました。

その真価を問うべく臨んだ訳ですが、まぁ合格ラインの60%は獲れていると思います。
登竜門の3級ですし、間口も広くしているのでしょう。

ともあれ、1ヵ月で吸収したことは少なからずあり、今後の顧問先へのサービスに寄与することも多そうです。

アンガーマネジメント協会で、医療関係者の方々とナース向けの本を書いたことも受験動機に繋がったかな。

自分にとっては、長い付き合いとなる民間資格かもしれません。

画像


ABCマートで、コンバースのオールドタイプのバスケットシューズ(いわゆる 一つ星)を買いました。
3,990円。

歩き易さという点では、最新のスニーカーと比べるとイマイチですが、シンプル・イズ・ベストの王道を行くカッコ良さがあります。

だからこそ、僕らが中学生の頃に大流行した靴が 30年後の今も 根強い人気を誇っているのでしょう。

最近のヘビーローテーションです。

画像


当事務所裏の中華料理の名店・チャイニーズキッチン さかくらさんが、創業15周年を迎えられました。

当ブログで何度も ご紹介しておりますが、オーナーシェフの坂倉賢一さんは、帝国ホテルで25年間修行された後に独立された方です。
お人柄も料理も本当に素晴らしい御方。

私も 15年間 舌鼓を打ってこられたのかと思うと感慨深いです。
初めて食したのは28歳だったのか。
なんて幸せな若者だ。

さかくらさん開業以来、これまで14年間 当事務所の忘年会は さかくらさんです。
当然、15年目以降もお世話になります。

画像


こばやし事務所は創業38年で、
私自身の社労士生活はもうすぐ20年です。

今般、医療経営士試験を受けました。

私がこれまで、本業の社会保険労務士以外に試験勉強したのは、中小企業診断士、行政書士、ファイナンシャルプランナー、衛生管理者、キャリアコンサルタント、アンガーマネジメント、モチベーションマネジメント、ハラスメント防止コンサルタント。

他にも大学院へ行ったし、
講師業の勉強もしています。
会社も創って、
本も書かせていただきました。
今また新たな本の企画を2冊あげているところです。

「こいつ、何がやりたいんだよ」
「資格マニアかよ」
「ちゃんと仕事しているのかよ」
「わけわかんねーよ」

こんな風に見られても仕方ありませんが、私にとって、社労士事務所業務が あくまで主体で、主体である社労士事務所を長く続けていくために、周辺知識の充実や活動の場の拡大にも努めてきました。

他資格の取得や場の広がりは あくまでプラスオン・・・というか、木の幹と枝葉の関係のように思います。
枝葉が重過ぎたら折れてしまう。
まず、幹が ぶっとくないと、です。

幹である社労士事務所の経営をしっかりとして、
枝葉となる活動も頑張って、
ひいては 更に幹を太くし、
枝もたくましく、葉も青々とさせる。

最近、自分が 中年になったからか、「業歴」 について、事業を評価する際の 重点ポイントと考えるようになりました。

長けりゃいいってものではないけれど、
長く続けられるには それなりの理由がある。

コンバースは定番商品の魅力だし、
さかくらさんは技術力やお人柄。
それらが、いつまでも飽きられない程のクオリティ。

では、そうした強みの無い こばやし事務所は?

自ら述べるのは図々しいし、お恥ずかしい限りですが、
「実直さと柔軟性」 としたいです。

戸塚という地域に長いこと根付き、
近隣の顧問先様と真面目に対面してお役に立つ。
そして、業務外の一定時間は知識研鑽に努めて 引き出しを増やしていく。
顧問先の人事面の様々な要望には 引き出しの中を探して対応したい。

いつまでも地道に、そして小さくともバージョンアップを繰り返して業歴を重ねて参りたいもの。
業歴 イコール 私の自己肯定感。
これまでも、これから先も 山あり谷ありだが、まだまだ伸びしろもあると思う。

「この木 なんの木 気になる木」 になっていこう!
という心境です。

といっても、お若い方には判らないかな? (^^;
昔の日立のCMです。
Youtube で見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=dHWXdcURHEE


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村