ご献本 わらしべ長者と、凄い人達からの触発の話 (栄光浴を自覚するも、良い刺激を活かしたい話)

4月の4投稿目です。

新年度に入り、おかげさまで 公私共に、そして心技体が充実しているように感じる 小泉今日この頃です。

仕事の受注も それなりにあるし、何より 体がキレまくっています。

グッド・コンディションは ありがたいです。

画像


本日4月23日。減量生活94日目。
「100日間 20キロ ダイエット」の目標体重が62キロのところ、現在 64キロ前後をウロウロ中です。

体重の減り具合が やや停滞期に入り、目標達成に黄信号が灯りましたので、今一度 気合を入れ直ているところ。

ただ、評価していただきたいのは、体脂肪率です。
5日前の計測では、14.7パーセントまで落ちていました。
82キロの減量開始時は33パーセントでしたし、減量速度に体脂肪減少がついていかなかったものですから、ここでまぁ一安心です。

引き続き、あくなき シェイプ・アップに努めます。
こうなったら、10%以下のアスリート・ボディになろうかな?

画像


ただ、我ながら、日々それなりのハード・トレーニングを課したことが災いし、右膝の裏を痛めてしまいました。

ちょっと休めば治ったのでしょうが、トレーニングを続けたいので、高校野球部の1級先輩である柔道整復師・泊 正敏さんの指技を頼ることに。

すると、たった1度の治療で、痛みが完璧にとれました!
本当です。

膝裏痛につながるハムストリングへの絶妙な指技に加え、その後の電気治療とサロメチール・マッサージは効果覿面でした。

我が先輩は 名柔整師かつ名市民ランナーということで、不肖・私も とまり整骨院ランニング・チームの末席に加えていただきました。

名門チームの名を汚すことのなきよう、精進する所存です。

画像


東洋経済さんが、共著の宣伝チラシを作ってくださいました。
カッコイイです。
あらためまして、
『現場監督のための 早わかり労働安全衛生法』
を宜しくお願い申し上げます。
・アマゾン: http://amzn.to/13sgXGA
・宣伝動画: http://youtu.be/HtsdikvLV68

この共著を お世話になった方々へ献本させていただいた話は前投稿に記しましたが、この献本が、わらしべ長者的に、「逆献本」を賜っている 長谷川今日この頃です。

ありがたいことに、海老で鯛が釣れまくりました。

画像


まずは、大学院でお世話になった弁護士の亀井洋一先生から。

亀井先生は、元 北海道拓殖銀行の行員であられ、拓銀の破綻後、40歳にして司法試験に合格されたという凄い方です。

このようなキャリアを持たれていても、決して偉ぶることなどなく、講義も本当に勉強になりました。

今般、ご恵贈いただいた ご共著もハイレベルながら、とても読み易いです。

せっかく賜った人間関係を大事にしていきたいです。

画像


こちらは、尊敬して止まない 臨床心理士・社会保険労務士の涌井美和子 先生から。

涌井先生は、私が客員講師を拝命している (公財)21世紀職業財団の特任講師でいらっしゃり、折に触れて豊富な ご見識を披露してくださり、大変勉強させていただいております。

光栄と恐縮の極みでございました。

画像


そして、地元・横浜市戸塚区の行政書士で、受験指導もされている佐藤リサさんから。

『無敵の行政書士』という受験必勝書の ご献本です。

僕は LECで学び、佐藤さんはTACの講師ですが、拝読してみて、合格への熱い思いは皆同じだなと改めて感じました。

受験生時代のキツかったこと、でも頑張ったことを思い出しました。
どうもありがとうございました。 <( _ " _ )>

画像


さらに、日体大の1級先輩で、柔道整復師/アスレティックトレーナーの永井正之(ながい接骨院/at 中目黒)さんから。

自著をサインとメッセージ入りで ご献本くださいました。

永井さん、これで何冊目の ご出版だろう?

今般のタイトルは、『10日間で確実に下腹を凹ます シンメトリーエクササイズ』。

私が、日々減量に励む様子をFACEBOOOKで ご覧になり、優しい先輩が助け船を出してくださった次第でございます。

永井さんは、JOC強化スタッフになられる程の名トレーナー。

私のトレーニング計画として、4月いっぱいは有酸素運動中心に行い、5月からは筋力トレーニングも取り入れて行こうと思っていたところでしたので、まさに渡りに船でした。

そして、私もいつか写真入りの本を出せるようになりたいものです。


と、ご献本いただいた話は、ここまで。
調子が良いので、さらに 近況報告を続けさせていただきます。

画像


私と同じ横浜の社会保険労務士業界に、1歳年長で、大学野球界のスーパースターだった方がいらっしゃいます。

私のような単なる 一野球好きから見れば、あこがれの存在。
社労士としても、大活躍中であられます。

その方からメールを拝承し、とてもテンションが上がって、野球の本を6冊も大人買いしてしまいました。

今年のゴールデンウイークは旅行に行かないので、読書で楽しめそうです。
・・・って、その前に読み終わっちゃったりして。。。(^^;)

画像


欧州・某国の大使館で シェフをしていた料理人の知人が帰国し、横浜で会社を作り、レストランを出すことになりました。

それで、当事務所が 会社設立手続と、社保の新規適用手続を任されました。

「超一流のコック」と述べても過言ではない知人の名刺は自信と誇りにあふれていました。

私の仕事は、限りなく地味ですが、滞りなく、きちんと対応させていただきます。

画像


『月刊社労士』の最新号に、モチベーション・マネジメントに絡む特集が組まれていました。
私が3月21日に受験した 公認モチベーション・マネジャー試験の合格発表は 5月7日です。
世の中のニーズを捉え、理論を吸収し、そしてアウトプットできる人間であり続けたいです。


今般の投稿では、「知り合い自慢」 のようなことばかりを書いてしまいました。
皆さまは、「栄光浴」 という言葉をご存知ですか?

この栄光浴という語義を、当該モチベーション・マネジャーの試験勉強で知ったのですが、栄光浴とは、まさに知り合い自慢のことです。

意味は、大体 こんな感じ。
----------------------------------------------------------------
自分と関係のある人や集団が活躍すると、
うれしくて、ついつい自慢したくなるものです。
このように、高い評価を受けている個人・集団と自己との結びつきを強調することによって、
自己評価や他者からの評価を高めようとすることを「栄光浴」といいます。

つまり、日の光を浴びるのと同じように、他者が放つ栄光を、自分も浴びようというわけです。
ただし、あまり露骨にやりすぎると、所属集団以外の人から反感を買うので、ご用心。
それから、自分とあまりにかけ離れている人の栄光に浴しようとするのも、
ちょっとばかげていますよね(例:あの芸能人、俺の兄貴の恋人の友達の友達なんだ) 。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/1610/shinri/kotoba/kotoba-a.html

----------------------------------------------------------------

私自身が、他者から 知り合い自慢をされると、「じゃぁ、あなたは どうなの?」 と問い返したくなることがあります。

本投稿を読まれた方々の中に 同様な思いをされた方がいらっしゃるかもしれませんね。
失礼いたしました。 <( _ " _ )>

私が申し上げたいのは、タイトルに記しましたとおり、知り合い自慢の栄光浴で終わることなく、せっかく周囲に居てくださる凄い人達からの刺激を大事に、触発パワーを発揮したいということでございます。

自分と知人・友人であることを喜んでいただけるよう、日々精進して参りたいと思いました。

長くなりましたが、ご精読に感謝いたします。
皆さま、良い黄金週間を迎えましょう!


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村