ベスト オブ アンガーマネジメント ファシリテーター賞を頂戴した話

本日、4月4日。
新年度に突入いたしました。

3月は 公私共にバタバタで、ブログを3回しか更新できませんでした。
見に来てくださった方、大変申し訳ありませんでした。<( _ " _ )>

しかしながら、ランニングは1日も欠かさず、
雨が降ろうが、槍が降ろうが、カッパを着て、汗だくで走り続けております。

画像


おかげさまで、日増しに 往年の シャープさを取り戻しつつある今日この頃。^^

私、やるときは やる子です。

あっ、やる中年。。。

画像

画像


さて、過密日程だった 3月の最終日に、
一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会の第1回目の総会があり、私も出席いたしました。

そこでなんと、恐れ多くも、私のような者が 「ベスト オブ アンガーマネジメント ファシリテーター賞」 という アワードを頂戴してしまいました。

ただ、受賞理由について誤解しないでいただきたいのは、私のファシリテート能力が、全ファシリテーターの中で最も高かったからということではありません。

私がこれまで実施してきた企業研修等を通じて、アンガーマネジメントの効果をアナウンスした回数×対象者数が最も多かった(だろう)という 功労賞的な ご褒美です。
http://www.angermanagement.co.jp/blog/2013/04/post-550.html

私も人並みに承認欲求がございますので、功績として認めていただけたのは、とても有難く、すごく嬉しいことでした。

画像


総会終了後の写真撮影では、図々しくも、中央の安藤代表の右横に鎮座させていただきました。

せっかくの記念写真なので、痩せて写って良かったな。^^

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会は、この度 ニューヨークに本部をおく National Anger Management Association の日本支部となりました。
http://namass.org/

これまでもゆるやかな連携はありましたが、これからは 本国と連携をさらに深め、「怒りの連鎖を断ち切ろう」の理念の下、日本でのアンガーマネジメントの活動により力を入れていきます。

私も、4月1日から、協会公認の シニアファシリテーター/ コーチ とさせていただきました。
http://www.angermanagement.co.jp/outline/facilitator/

今後も、上手に 己の感情をコントロールし、イライラせず、快適に暮らす技法等について、微力ではありますが、皆さまへ お伝えしていく所存です。

ときどき、「アンガーマネジメントは、悔しい気持ちを捨ててしまったり、ひよったりすることなのか?」 といった類のことを お尋ねいただくことがあります。

アンガーマネジメントは、我慢を強いることではありません。

「怒り」という感情の性質やパターンをよく理解し、自分の中で、怒っていいことと、怒ってはいけないことを区別し、自分の感情表出に責任を持とうという考え方です。

悔しい気持ちや怒りの感情に 心が支配されてしまうと、イライラが持続して精神衛生上よろしくなかったり、関係のない人に八つ当たりをしたり、また、そうした負の情動が周囲に伝染することがあります。

しかし、ちょっとしたアンガーマネジメントのトレーニングを継続することで、気持ちを未来志向にリセットし、悔しい気持ちをバネにして 建設的なパワーを発揮すれば、負の感情を撒き散らすこととは真逆の効果が生まれることでしょう。

昨日、惜しくも完全試合を逃したダルビッシュ投手が好例といえます。
高校時代は、審判に対してイラついて自滅するパターンなどありましたが、今は極めてクールなマウンドさばき。
冷静に心を燃やすことが、良いパフォーマンスにも繋がります。

画像


4月2日に、新年度 第1本目の研修に登壇してきました。

某大学の附属学校 140名の教職員の方々に パワハラとアンガーマネジメントについてお話させていただき、おかげさまで 熱心に ご清聴いただけました。

主催者の方からも感謝と労いのお言葉を頂戴いたしました。

30代の頃は、自分が講師業務に頻繁に携わるようになるなど 露ほども思っておりませんでした。

40歳で大学院へ思いきって進み、興味領域のハラスメントを研究し、なんとか修了後、財団の客員講師になれて、さらにアンガーマネジメントの有用性にも気付いて厚みが加わり、今、モチベーションマネジメントとの関連性などを検討しているところです。

こうしたことを体系化し、いつか執筆等でアウトプットできたらいいな。

職業生活に関わる大きな状況変化が40代で訪れ、そして、良い流れになりつつあるのは大いなる喜びです。

周囲の人にも恵まれました。

人生最大の難敵の一つは、単調な生活、つまり退屈だと思います。

いくつになっても、刺激あふれる毎日を送れたら幸せです。

月並みですが、これからも アンテナを張りながら 地道に頑張ります!



ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント