10年連続の宮崎行脚の話

本日2月17日。
2月の第2投稿目です。

2月9日~2月12日まで、宮崎へ行って参りました。
10年連続です。

本当は、もっと早くにアップしたかったのですが、
2月13日~15日に 仕事で重たい案件が集中したのと、
引き続き 毎朝 走っているので、ブログを書く時間がありませんでした。

宮崎でも、ホテルの周辺を 毎朝 気合で走っていましたよ。
今年は やります!

画像


10年間の定宿、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートです。

ソフトバンク・ホークスも定宿にしているので、当然ながら 選手の皆さまとは エレベーター等で一緒になります。

もちろん マナーを守り、 選手に話しかける等の迷惑行為はいたしませんが、選手と同じ空間に居られるのは 短時間とはいえ、なかなか幸せな気持ちにしていただけます。

今年は、某タイトル・ホルダーらと至近距離で接しました。

その方は、ベビーフェイスながら、さすがの迫力でございました。

画像


今年は、WBCがあるので、代表候補は宮崎集結となります。

前回、原ジャパンのときは すごいフィーバーぶりでしたが、今般 私が行っていたときは まだ静かでした。
メジャー組が辞退したからですかね。
ただ、短期決戦ですから、国内組のみのメンバーでも 遜色ない強さはあると思います。

山本ジャパン・首脳陣の某氏と 某温泉で一緒になりました。
岩のように ゴッツイお尻に圧倒されました!

今日は、カープとの強化試合ですね。
楽しみ。
http://www.jsports.co.jp/baseball/wbc/

3連覇を祈念しております。

画像


宮崎には、カープ、ライオンズ、ホークス、ジャイアンツ、スワローズ(ファーム)のNPB 5球団がキャンプを張り、韓国プロ野球のチームも2~3 来日します。

まずは、日南 天福球場へ広島東洋カープの紅白戦等を観戦した話を少々。

画像

画像


マエケン、今ムーのWBC候補組は、ナイス・ピッチングでしたが、何より目立っていたのは 昨年14本塁打の堂林翔太 選手。

昨年、三振王、失策王であったのは あくまで通過点。
野村監督が背番号7番を譲ったぐらいの期待の大きさは、熱心な個別指導からも見て取れました。

今年は、堂林・栗原のDK砲が機能するはずですし、
岩本、広瀬、ニックらが加わる中軸は強力です。
梵、天谷、赤松、東出、菊池といった1・2番候補もイイ!

と、毎年 そんなことばかり書いていながら、結局 4位か5位の指定席に収まるのですがね。

画像


石井琢朗さんがコーチに就任されました。

大好きな選手だったので、引き続き ユニフォーム姿が見られて嬉しいです。
結果的に、功労者を冷遇した前所属先を潔く離れられたのは正解だったかと。

ノックが 凄く上手かったです。

その他の感想も沢山あるのですが、早稲田からの土生、青学→本田からの下水流と、カープっぽくない所からの ニューカマーの動きがシャープで良かったです。
熾烈な外野競争下にあるカープですから、出て来れるかは そう簡単でないでしょうがね。

でも、なんで外野手ばかり 即戦力を補強するのだろう?
内野の方が手薄のように思うのですがね。
現行戦力に伸びしろを感じているのかな?
個人的には、背番号52・庄司隼人 選手を どんどん鍛えて欲しいです。
今村、堂林と同期の高卒選手ですが、毎年 素晴らしい動きに惚れ惚れしています。
昨年は、ファームで3割打った模様。
今年は、一軍へ!
http://www.carp.co.jp/team13/member/i52.html

画像


続きまして、南郷スタジアムの埼玉西武ライオンズ。

こちらの地方球場は ファールグランドが狭く、至近距離でプロの技術を楽しめます。

また、トランペットとメガホンの応援が無いので、打球音に捕球音、選手やコーチの生声が心地よく響き渡り、さらに好天が加わると、生粋の野球好きには たまらない環境となります。

画像

西武のWBC候補は、涌井投手と 写真の牧田投手。

牧田投手は、テンポとコントロールが素晴らしかったです。

気持ちも強そうだし、過去の大会での渡邊俊介投手同様、幻惑フォームは、各国相手に奏功するでしょう!

画像

ポスト中島のショート争いに注目していたのですが、
紅白戦での配置は、紅軍・浅村で、白軍・片岡(写真)。

セカンドにはヘルマンを固定するようで、どうやら 2人に争わせる模様。
2人とも稀有な内野手なので、どちらかが控えるのは もったいないですが、
サードには中村がいるし、ファーストにはオーティズや上本などの大物打ちを置きたい。
そうなると、浅村・片岡を争わせざるを得ないのでしょうか。

2人とも足は速いし、フットワークも軽やか。
浅村は、ツボに来れば飛ばすし、肩も滅法強い。
片岡は、快打連発の元盗塁王。
甲乙つけがたい ハイレベルな争いです。

画像


元ドライチ、早稲田出身の大石投手からは復調の兆しを感じました。

まだ、大学時代の躍動感までは伝わってこないものの、ノビのある速球で 相手打者を かなり詰まらせていました。

昨年の36イニングよりも、登板回数は かなり伸びるのではないでしょうか。
http://www.seibulions.jp/team/player/detail/y15.html
雄星くんと共に、アマチュア時代の輝きを取り戻していただきたいです。

画像

画像


おいしいものも色々といただきましたが、
宮崎駅付近の居酒屋で出た 小振りの伊勢海老と、
佐土原のウナギ専門店で食べた 煮こごりは最高でございました。

お酒も、ビール、焼酎、冷酒にワインと、ひととおり。

今年も堪能させていただきました。

画像


「10年ひと昔」 などと言いますが、10年も経てば、野球界にも、私自身にも色々なことがありました。

野球界の話では、10年前に初めて宮崎を訪れた際に長嶋茂雄さんを間近で拝んで感動したところ、その翌月に脳梗塞で倒れられた報道を知ったときは衝撃を受けました。

今年、菅野投手を観に来られたそうですね。
野球界の象徴のような方ですから、いつまでも お元気であって欲しいです。
http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/baseball/nagashima/news/20130210-OHT1T00254.htm

宮崎で観ていた好きな選手で、引退していく方もいます。
去年は、前出のカープ石井琢朗選手や、ライオンズ・平尾選手、ホークス・小久保選手など。
同世代の人たちの引退は寂しい限りです。

大物選手でなくとも、「守備上手いな」 「肩強いな」 などと注目していた若手・中堅選手が、翌年の名簿に載っていなかったりもします。
申すまでもありませんが、プロとは厳しいものです。

画像


僕自身も、10年で沢山変わりました。
当たり前の話ですが、10年前は33歳!

当時は、こんな感じでした。

若くて細いし、ヒラメ筋もパンパン!
フルマラソンも走れましたし。

今年の目標は、 Back in 10 years ago!
10年前の体型に戻ります!

前述のとおり、頑張って走り込んでおり、昨朝は90分いきましたよ。
まだまだ、ガンガン 上げて参ります!

仕事の方では、ここ10年の間に、
事務所を法人化し、
行政書士となり、
大学院を修了し、
客員講師職を拝命。
このたび 共著も出せる。

10年のうち、宮崎滞在中も それなりに、仕事や勉強もしたものです。
落ち着きませんが、野球も観たいし、やることもやらなくちゃの10年。

文武両道が苦手で、細い体型は失いましたが、得たものも有り。

これから、
10年で得たものは さらに磨き、
10年で失ったものは取り戻そう!

そんな感慨です。

画像


宮崎に、老後 暮らしてみたいなぁ~なんて考えることがあります。

そのぐらい イイ所です。

来年も 必ず おじゃまいたします。

今日は この辺で。


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント