大学院のハラスメント集中講義に参加させていただく

9月7日(金)の夜~9月8日(土)の夜にかけて、
90分×7コマ、青山学院大学の姉妹校である、東北学院大学・法学部長(&野球部長) 髙木龍一郎先生の「ハラスメントに関する法と実務」の聴講兼アシスタントをさせていただきました。

大学院在学中からの4年連続受講となり、私は 先生に お世話になり続けております。
http://office-k-sr-koji.at.webry.info/201109/article_6.html

今回も、高木先生への感謝と貢献意欲で、勝手に (迷惑を顧みず) 手伝わせていただいた次第です。

パワハラの論文を書こうと思ったのは、先生の名講義が きっかけでした。

そんなこんなで、大変僭越ながら、講義の冒頭で、現役院生の皆様に 小1時間ほど 拙い話をさせていただきました。

恩師への感謝の意を胸に、「成功=盛講」に少しでも尽力できるよう頑張ったつもりです。

場所は、在学中には無かった新校舎でした。
最新設備とスケール感に驚きました。
http://www.aoyamagakuin.jp/practice/redevelopment/project01.html

学生気分の味わいは、歳をとるにつれ、何とも言えない 幸せな思いです。

画像

講義は、最近のハラスメントに関する裁判例を 受講生が1人1つずつ判例評釈し、内容について、皆で意見を出し合い、髙木先生が総括するというスタイルです。

毎年 感銘を受ける髙木先生の話法(&博識)もさることながら、現役院生の皆さまのレベルの高さには唸りました。

例えば、大企業の法務部にお勤めの司法書士と社労士のW資格をお持ちの方がいらっしゃり、話される内容も、調査や学習に裏打ちされた 非常に奥深いものでした。

その後の打ち上げも楽しかったです。
受講生以外の後輩さん達も合流してくださいました。
僕自身、最近の忙し過ぎる現実を逃避し、メチャメチャ飲みました。
初対面の現役院生さんから 「ブログ読んでいますよ」 などと言われて、照れくさくもあったり。。。

改めまして、良いゾーンに関わらせていただけた(ている)ことに 大感謝です。

今週は 3回、ハラスメント研修の機会をいただいております。
来月は、東北で 労働法に関するセミナーに出席させていただくことになりました。
こうした現況の訪れは、髙木先生と出逢えたことで、確実に 自分の人生に変化が生まれたからです。

とにかく、もう 髙木先生には 大大・大感謝!  <( _ " _ )>

指導者、
つまり、導く人、
リーディングしてくださる人・・・

人生、折に触れ、自分は素晴らしいメンターに恵まれています。
http://office-k-sr-koji.at.webry.info/201109/article_6.html

もう中年の自分なので、
いつまでも 師や先輩に 甘えてばかりは いられないのですがね


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ

この記事へのコメント