札幌・小樽の旅…その3: 北海道の野球の話

股旅ブログも、今日で3連投。
引き続き、宜しくお願い申し上げます。

昨日の 告知どおり 野球の話です。
大学とプロ。

画像


札幌円山球場にて、札幌六大学の春季リーグを観戦いたしました。
http://sgl.sakura.ne.jp/

25,000人収容の立派な球場です。
札幌駅から、乗換えを含め、地下鉄15分 & 徒歩20分。
山あいの緑に囲まれている 気持ちの良いグランドです。

このグランドにおいて、1988年に、ジャイアンツの吉村選手と栄村選手が 試合中に激突し、吉村選手が大怪我を負ったのでしたよね。
大学1年の海浜実習中だったので、よく覚えています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%84%E6%9D%91%E5%BF%A0%E5%BA%83

昔話は さておき、
観戦したのは、

① 北海道大学 vs 北翔大学
② 道都大学  vs 北海道教育大学岩見沢分校

の2試合です。

北翔大の監督は、元中日の谷木恭平さん。
http://hokusho-baseball.sakura.ne.jp/taniki%20sinkantoku.html

選手も全員 「生涯スポーツ学部」 に所属している、
恐らく、我が母校・日体大のような学校なのでしょう。

北大は、言うまでもなく、「北の東大」。

さて、対照的な両校の試合結果は・・・

5-0で北大の勝利でした。
http://circle.cc.hokudai.ac.jp/jingu/league/2012/2012s/league2012s_3.html

例えば、守備面において、一つ一つのプレーは、
北翔大が華麗で、北大は時に不恰好だったりもするのですが、
素質や技術力どおりの結果に至らないこともあるのが野球の面白さですね。

一昨年、明治神宮大会に、北大が代表校として出場したゲームも観ましたが、
その時も 丁寧で堅実な野球が印象的でした。
http://office-k-sr-koji.at.webry.info/201006/article_10.html

北大の健闘を 「文武両道」 以上の言葉で称えたいのですが、
適当な言葉が思い当りません。
さわやかに、野球の素晴らしさ、奥深さを魅せていただいたようでした。

画像


第2試合の道都大学・栗野投手(3年)は凄かったです。
明徳義塾出身とのこと。
187cm 85㎏

プロフィールを調べてみると、
 大阪府出身。
 小学3年から野球を始める。
 第十四中学時代はニュー・ヤンキースに所属。
 明徳義塾高校では1年秋からベンチ入り。
 2年春に甲子園に出場も、登板は無し。
 1年秋に最速147㌔を記録し潜在能力高い長身右腕として期待されていたが、
 その後故障、
 調子を落とし3年夏は登板無く終える。
http://draftrepo.blog47.fc2.com/blog-entry-113.html

だそうです。

都心部の名門大学で潰れてしまう選手もいますが、
地方区の大学から伸びてくる選手もいますよね。
駄洒落ではありませんが、ノビノビ出来る環境が 本人に合っていたりして。

栗野投手も、スイスイと危なげない完封勝利でした。
抜いて投げているようで、スピードはあるし、変化球も多彩。
観戦日は、雨天だったのですが、晴天時での制球力を観てみたかったです。

最近、函館大学などが プロ野球選手を輩出しているし、
道都大も 昨年 全国大会で ベスト8に進んだりと、北海道勢も頑張っていますね。

ただ、連盟のパンフレットを見ていたら、
3部リーグのチームに、選手が9人キッカリのところ、女子マネージャーが5人という大学がありました。

それはそれですね。(^o^)

画像


もちろん、札幌ドームへも行ってきました。

札幌駅から地下鉄で13分 & 徒歩15分です。

ドデカイ球場です。
でも、座席が悲しいまでに狭いです。
まぁ、日本の球場が 全般的に そうですけどね。

ハムの先発は、斎藤佑樹 投手でした。
7回2失点の勝利投手。

個人的見解ですが、
高校時代の躍動感までは伝わってこないものの、
大学後半時のギクシャク感は払拭され、
スムーズに投げている印象を受けました。
プロになって、昔のキレが戻りつつあるものと拝察いたします。
開幕完封と合わせ、ここまで4勝も腑に落ちます。

今さらですが、日ハムは、北海道に移転して大正解でしたね。
巨人の陰に隠れて、後楽園や東京ドームで ひっそりとしていた頃とでは、取り巻く環境や雰囲気が大違い。

中田翔 選手に豪快な一発が出たときや、
稲葉選手の 250号 記念アーチが出たときのボルテージは最高潮でした。

菅野投手も入ればよかったのに。。。
って、いつまでも 大きな御世話でしょうかね。 ^^;

画像


北海道は、社会人野球も 盛ん かつ 強かったですよね。
大昭和製紙とか、たくぎんとか。

元ヤクルトの佐藤真一 選手って、たしか 東海大 → たくぎんでしたよね。
いぶし銀で、好きな選手でした。
たくぎんには、日体OBも結構 入行していたように記憶しています。

余談ですが、
青学の大学院時代に習った先生で、
元たくぎんの行員 → 破たん後、40歳から司法試験を勉強 → 現在 弁護士
という、凄い方が おられました。

今は、弁護士が余っている時代ですが、
優秀な人が能力を使いきれないのは、国家の損失です。

と、話が あちこち飛んだところで、
上記写真が、たくぎんの旧小樽支店。
こじつけまくりで、明日は小樽の話です。

乞うご期待!!

って、もう飽きましたか・・・? (^^;


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント