セミナー宣伝 ダブル & 映画鑑賞 デビルズ・ダブル

寒い毎日が続いておりますが、皆さま頑張っておられることと拝察いたします。
この駄ブログも、少し更新頻度が上がってきましたかね。
今日は、2つのセミナーの宣伝と、映画の話を1つさせていただきます。

まず、1つめのセミナー。

僕が客員講師として大変お世話になっている 財団法人 21世紀職業財団が、
2月8日(水) 18:30~ 21:00 神保町の学士会館というところで、
「第3回 明日のビジネスを担う女性たちの全国交流会」
を開催します。
詳細は、こちら。
http://www.jiwe.or.jp/Portals/0/data0/pdf/20111207_01.pdf

一点、ご留意いただきたいのは、恐らく 参加者の大半は、
「企業内でキャリア・アップを図りたい方々」 となるはずです。
話の方向も そのような方々向けとなるでしょう。
ですので、開業社労士にとっては、ど真ん中な内容でないかもしれません。

ただ、人事に関わる社労士として、そして働く女性としても ご参考になる会合であることは保証いたします。

ルール上、顔パスや割引のご提供はできないのですが、ご興味のある女性は、ぜひ ご参加いただければと存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。
ちなみに、僕は 男性なので不参加です。 ^^


2つめのセミナーです。

3月13日(火) 15:00-17:00 銀座の東京都中小企業会館にて、
大学院の同級生である西尾健二さんが、 『季刊 労働法』 でおなじみの労働法学研究会主催セミナーにて、『個人のキャリア権と企業の人材活用』 という題目の講演をされます。
「キャリア権」という言葉の生みの親である法政大学・諏訪教授とのジョイント。
西尾さんも ホワイトカラー層のキャリアについて研究されています。

修了後も学び続けておられる同級生に敬意を表し、
同級生の素晴らしい ご活躍に背筋が伸びる思いです。
セミナーと登壇者紹介について、詳しくは以下をご覧ください。
http://www.roudou-kk.co.jp/meeting/archives/2012reikai/004934.html

こちらの ご盛会も 心より祈念いたしております。

画像

続いて、映画の話です。

久々に、ロード・ショーの初日に映画館へ行って参りました。
鑑賞したのは 『デビルズ・ダブル』
http://devilsdouble.gaga.ne.jp/

サダム・フセインの長男で 「狂乱のプリンス」 と恐れられたウダイ・フセインの 「ボディ・ダブル(影武者)」 として4年間を過ごさざるを得なかった男の残酷物語です。

ネタバレになるので内容については控えますが、独裁者の長男は とんでもない外道で、空恐ろしくなる話でした。
はたして、どこまでが史実なのだろう?
そして、独裁者がつかさどる非道な日常は、隣国にも当て嵌まるのだろうか? と想像してしまいました。

キャストでは、主役である ドミニク・クーパーの 1人2役・狂気と苦悩の熱演が お見事。

実際に影武者となり、数奇で悲劇的な運命を歩まざるを得なかったラティフさんのコメントはこちらです。
http://www.cyzo.com/2012/01/post_9531.html
http://www.cyzo.com/2012/01/post_9542.html

非人道的なシーンのオンパレードなので、心からのお勧めはできませんが、歴史と独裁者の日常の一端を垣間見るつもりで ご覧になるのも悪くないかもしれませんよ。

と、本日は セミナーおよび映画の話でございました!
All work and no play makes a Jack a dull boy.

今日は、僕自身にも夕方から企業研修の登壇が控えています。
会場が、日体大のそばなので、ノスタルジックにも浸りたいです。
もちろん、研修にベストを尽くしてからね。 ^^
吉田類のように、懐かしの酒場放浪をしたいなぁ~


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村



この記事へのコメント