親父没後の事務処理 (年内で なんとかなる)

画像

親父が亡くなってから、約4ヵ月です。

司法書士の児島さんに不動産名義の変更登記をしていただき、
没後にすべき手続きの8~9割方が終わりました。

あとチョットです。
未着手なものは、もうありません。
残り1~2割も現在進行形です。
大体の目途は立ちました。

出来るだけ、越年する手続の数を減らしたかったので、まぁ ホッとしています。

でも、キツかったなぁ~

この4ヵ月に こなしてきたことを思い出すと・・・

 ・病院代の支払い
 ・疎遠だった親戚への連絡
 ・未払い保険料や電話代の支払い
 ・葬儀、法要の手配
 ・位牌など仏具の購入
 ・墓碑の刻字
 ・墓所有者の名義変更
 ・マンション管理費、公共料金等の引き落とし口座変更
 ・携帯電話の解約
 ・ネットの解約
 ・クレジトカード類の解約
 ・趣味の会の退会連絡
 ・同窓会への死亡連絡
 ・喪中ハガキ作成・発送
 ・香典返し
 ・遺品整理
 ・車の処分
 ・過払い保険料の返還請求
 ・親父の友達と会うこと数度
 ・親父が貸していた借金返済の督促
 ・除籍謄本等取得
 ・貸金庫の開錠→契約取り消し
 ・遺言書内容の遂行
 ・3金融機関の名義変更
 ・3生命保険会社への請求手続き
 ・埋葬料、高額療養費の請求手続き
 ・未支給年金(共済と社保)の請求手続き
 ・年金の源泉徴収票請求手続き
 ・賃貸物件の管理会社変更
 ・不動産名義変更登記
 ・準確定申告
 ・出るのであれば相続税の支払い・・・

・・・ザッと、振り返って こんな感じです。

個人事務所を社労士法人にしたときよりも全然面倒。
やはり、人が一人死ぬということは大変なことです。

今年は、講師業を開始して、
おかげさまで 業務面では過去最高の忙しさでした。

それに上記が加わり、
でもって、私生活上の車買い替えと風呂のリフォームは予定どおり遂行し、
さらに、事務所の大断捨離も実行する。

「アホかっ?」 と、自問自答するぐらいの目まぐるしさでした。

けれど、なんとかなるものです。
「心頭滅却すれば・・・」
ではないですが、このぐらいは気合でどうにかなるようです。

ただまぁ、難儀な部分は、司法書士さん、税理士さん、宅建主任者さん、自動車整備士さん等に お任せしたのですがね・・・ ^^;

優秀な知人・友人、先輩・後輩の存在と、
ここぞというときの 気力と体力を養ってくれた野球に大感謝です。

でも、チョイと お疲れ気味な今日この頃・・・ (^O^)

今年は、あと研修2本、忘年会は・・・5本かな?
関西出張もあります。

仕事納めまで あと13日。
月並みですが、ラスト・スパート頑張ろう!!


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント