菅野投手の進路は?

画像

ここのところ、ブログ・ランキングが、高順位のまま推移しています。
これは、ひとえに facebook 効果。
facebook の 「友達」 は、大半が 高校~大学院の同窓生なので、義理堅く 応援クリックしてくださっているのだと思います。
つまり、組織票です。^^;

ただ、「OUTポイント」 が増えたのは、ランキングの上位にいることで、興味本位に クリックされた同業者の方々が それなりに いらっしゃったのでしょう。

スミマセン、こんな 駄ブログで・・・  <( _ " _ )>
社労士のランキングなのに、ほとんど仕事のことが書かれておらず・・・

完全に、自己満足型日記なので、どうぞ ご容赦くださいませ。
そして、宜しければ、改めて ご訪問を 宜しくお願い申し上げます。

画像

そういう訳で、今日も仕事の話ではなく、野球の話です。
野球の投稿は、結構久しぶりですかね。

あまり観られませんでしたが、都市対抗、面白かったです。
クライマックス・シリーズも盛り上がっていますね。

そのような中、一昨日、東都大学リーグの優勝決定戦を観てきました。
ポッと時間が空いたのと、第二の母校・青山学院の応援です。

画像

結果は、残念ながら、亜細亜大学の優勝。
素晴らしいディフェンスでした。

優勝の要因は、なんといっても東浜投手。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/02/kiji/K20111102001946670.html?feature=related

少し冷えた日で、しかもナイターだったし、沖縄っ子の東浜投手は、以前 観たときよりも本調子でなかったように映りましたが、それでも要所を締める決め球は、ストレートも変化球も圧巻でした。

来年、ドライチで、ぜひ カープに お迎えしたいです。

画像

ドラフトといえば、週ベの巨人に対する酷評は、巨人に指名された選手たちに大変失礼だと思いますが、酷評に至った最大の要因は、兎にも角にも、「逸・菅野」 ですね。

叔父・原監督の背中を目標にされてきた菅野投手には、大変気の毒であるし、
ドラフト制度は、実質 「職業選択の自由」 に反しています。

ただ、ここ2年のドラフトで、昨年 新人王の長野選手(今年は首位打者)、今年の新人王間違いなしの澤村投手を一本釣りできた巨人が、他球団に対するプレッシャー(?)をかけていたとしたら、それは如何なものかと思います。

ドラフト制度が有名無実化する虞がありますからね。

当該 菅野投手、大学院進学が噂されています。
http://www.sanspo.com/baseball/news/111103/bsn1111030507000-n1.htm

これも如何なものでしょう?

私立大学が、スポーツ推薦で優秀な学生を集めるのは至極当然だと思います。
なぜなら、スポーツの大学リーグがあるからです。
一般学生が勉強している時間に、スポーツのみに打ち込む学生が居たって構いません。

しかしながら、大学院生にスポーツの大会は無いはずです。
少なくとも野球には。

社会人大学院のような イレギュラーな所を やっとこさ修了した自分のような者が申すのは 甚だ おこがましいのですが、やはり、大学院は 「勉強や研究をする所」 なのだと思います。

入学するには、きちんと 「研究計画書」 を書いて、2年間は学問に打ち込む。
まぁ、1年制のカリキュラムもありますし、菅野投手が、「体育学」の研究をしたいというのなら話は別ですが・・・

あまり、頭が固いことを申し上げたくないのですが、大学の「格」を維持する上でも、そうした棲み分けは必要ではないでしょうか。

はたして、早稲田や慶応の野球部の選手が 意中の球団以外の球団から指名されたとして、「ならば大学院で来年まで・・・」とはならないように思います。

たしかに、人間は何処かに所属していなければ寂しいものです。
菅野投手が、東海大学や東海大相模の施設を使って練習を続けるにしても、「プー太郎」 では、後輩たちに顔が立たないのかもしれません。

けれど、「大学院進学」が、「プロ指名を断って社会人入りしたら2年間は指名されない」というルールの抜け道になるのも事実。

まだ、噂の段階なので、あれやこれや言えませんが、一野球ファンとしては、菅野投手には ぜひとも日ハム入りして欲しいです。
昨秋、今春と、生で拝見いたしましたが、これはもう大変な逸材。
http://office-k-sr-koji.at.webry.info/201104/article_19.html

ここで、後ろ向きなイメージをつけるよりも、スパッと日ハムに入って、絶対的なエースとなり、8年後に巨人でも、メジャーでも、最高の条件で移籍するのが、ご本人にとっても、日本球界にとっても 良い事のように思います。

日ハムに入ったら、悲劇性も加わって、きっと人気が出ますよ。
原貢さん、お孫さんを北海道へ行かせてあげてください。


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント