『心の掃除の上手い人 下手な人』 が お勧めの件

画像

『心の掃除の上手い人 下手な人』 斎藤茂太 著
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%8E%83%E9%99%A4%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%84%E4%BA%BA%E4%B8%8B%E6%89%8B%E3%81%AA%E4%BA%BA-%E9%9B%86%E8%8B%B1%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%81%9528-6-%E6%96%8E%E8%97%A4-%E8%8C%82%E5%A4%AA/dp/4087462692

今日は、本の話です。
僕は、この本を 自宅の机上に置いています。

画像

誰でも、落ち込むことはあります。
僕なんか、しょっちゅうです。
先週末も ちょっとね・・・ ^^;

上手く、ストレス・コーピングしたくても、
変に引きずってしまうこと しばしば。
いい歳してね。 ^^;

そんなとき、本書は お勧めです。

たったの 500円。^^

「モタさん」 こと、斉藤茂太さんの本は 何冊か読みましたが、
数ある良書の中でも、本書が最も しっくりし、強く共感できました。

本書は、69 のテーマについて、優しい言葉で、具体的にケースを挙げ、
前向きに取り組んでいく ヒントを与えてくれます。

何回 読み返しても、うなづける箇所が沢山あります。

例えば、

6. 「腹が立たない考え方」 を身につける
9. 周りを明るくする人が、「明るい人」だ
11. 「相手の性格は変わらない」
12. 「イヤな現状」を変える考え方
18. 粋な人は 「宵越しのグチ」 を持たない
19. 暇人になるな、自分を忙しくさせなさい
21. 「力を抜いてもいいポイント」 を探せ
28. ピント外れの努力をしていないか
29. 取り越し苦労の 「がんばり過ぎ」 はケンカの素
36. つらいときは、自分を誉めて誉めて誉めつくせ
39. ニセモノの 「前向きな人」 は、すぐ 「ふりだし」 に戻る
41. 隣は隣、自分の芝生を育てよう
45. いまだ開始早々、逆転のチャンスを大切に
48. 「自分が可愛い」 と 「自分が好き」 は、こんなに違う
52. 「人がやるから自分もやる」 では、自分嫌いになる
53. 「美しいもの」 が、「自分の芯」 をつくる
54. 自分なりの 「カッコイイ」 を実践しよう
55. 「憧れの人」 が自分を鍛える
56. 子どもの頃の 「マイナスの記憶」 に縛られるな
67. 「今が絶好調」 のときほど、慎重であれ
69. きちんと準備する人に、幸運が舞い降りる

僕は、特に 53~54 が好きです。
一部 ご紹介いたします。

------------------------------------------------------
自分なりの美学を持っている人というのは、
「自分がステキだと思うから、これが好き」
「これはカッコイイと思うから、自分はする」
の基準がしっかりしている。
人からの評価によって、行動や意見が左右されることはない。
裏を返せば、自分の美学に反することは、たとえ それが自分にとって
楽だったり、利益になることだったとしても、決してやらない。

さて、あなたは どんなものを美しいと感じるだろうか。
どんなことをカッコイイと思うだろうか。

「今、自分のことを あまり好きだとは思えない」 という人は、
おそらく、自分が美しい、カッコイイと思うことができていないのではないか。
もしくは、自分が美しくない、カッコ悪いと思うことをやらざるをえない状況に
なっているのではないか。。。
------------------------------------------------------


今日という日を美しく過ごそう!
自分の目指す自分らしく!!
とても難しいけれど、泰然自若でありたいです☆


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

社労士 國本
2011年08月02日 08:13
私も斎藤茂太さんの本は、2冊持っています。今度、この本も買ってみようと思います。
2011年08月02日 10:39
テーマだけ拝見しても気になるものがいくつかあります。探して買ってみます!
2011年08月03日 08:00
國本さん、ありがとうございます。
腹落ちするメッセージ多々です。
期待されてください!
2011年08月03日 08:02
児島さん、ありがとうございます。
何度読み返しても、しっくりきます。
児島さんが、先日 投稿されていた「プライド…」ともリンクしてくると思われます。
心から お勧めいたします☆

この記事へのトラックバック