日体大野球部が難攻不落の菅野投手に土!

おはようございます。
日本スポーツ法学会会員の小林です。
今日も研究レポートです。 ^^

皆さま、昨夜の 『報道ステーション』 のスポーツニュースのトップを ご覧になったでしょうか?

画像

おぉ~
と、いきなり手放しでは喜べません。
世間の注目は、我が母校・日体大ではなく、
                  この方

画像

野球ファンなら誰もが ご存知、東海大・菅野投手です。

前々投稿にも書きましたが、
昨日の試合前まで、28勝2敗、防御率ゼロ点台で、
45イニング連続無失点中。
リーグ新記録まであと4イニング。
既に巨人がドラフト1位指名決定。
原監督の甥っ子。
その他、枚挙にいとまがない冠を付せられるアマ最強投手。
大学野球の雑誌だって、六大の野村、東都の藤岡を差し置いてセンターの位置で表紙を飾る。

当然、今の首都大学リーグは、東海の1強時代。
現在8連覇中。
ちなみに、日体大は平成16年の秋以来、優勝から遠ざかっています。

今シーズンも、咬ませ犬かと思いきや、
ところがどっこい、母校野球部は頑張っています!
新レギュラーに横浜高校の大石、帝京高校の田口を加え、走攻守、隙の無いチームを作り上げました。
昨日まで東海とは1勝1敗のタイ。

しかし、日体のエース・辻投手は2戦連投中、
東海の菅野は、初戦完封で、2戦目あがり。
東海の3戦目は、もちろん万全を期して菅野。
日体は・・・

画像

来ました!
辻投手の3連投です。
無茶をしますが、それだけ、「打倒・東海!」に懸ける日体の思いが強いということでしょう。

ちなみに、辻投手は、京都外大西出身の4年生で、
高校時代は、さほど投げていないようです。
http://draftrepo.blog47.fc2.com/blog-entry-1030.html

日体のおかれた状況は、あまりにも分が悪いと思いながら、試合会場である相模原球場に入ったのですが、ベンチ内外の日体生の気合は違いました!

画像

応援団は必死の形相だし、その期待に応える辻投手!
連投の疲れを感じさせない気迫のピッチングで、強力東海打線を9回まで零封しました!

さりとて、菅野投手も さすが!
5回に、日体・山内(現カープ・コーチ)の持つ連続無失点記録を更新後も、日体打線に つけ入る隙を与えず、8回裏までゼロ行進。
奪三振も12。

僕は、昨秋、東海が早稲田と当たった全日本の決勝も生で観ましたが、
相変わらず、球は速くて重そうだわ、変化球はキレキレだわ、コントールは抜群だわで、日体の連打は とても期待出来そうにない雰囲気でした。

白熱の投手戦が続く9回裏、
日体は、先頭の4番・髙橋巧選手(仙台育英)が二塁打を放ちました。
ここが勝負と考えた日体ベンチは、4番に代えて、ピンチランナーの鈴木和馬選手(桐蔭学園)を起用。
次打者の送りバントが、ピッチャー正面で、日体のチャンスは ついえたかに見えましたが、鈴木の足が勝り、菅野の野選を誘う。

無死1・3塁となった日体のバッターは6番・白石選手(北大津)。
期待の白石でしたが、あっけなくショートゴロ。
それだけでなく、三塁走者の鈴木が飛び出し、三本間に挟まれてしまいました。
今度こそ、チャンスは ついえ、延長戦突入かと思いきや・・・

画像

なんと、東海の三塁手が、捕手からの何でもない送球を落とし、
日体が、まさかの劇的勝利を掴んだのでした!

ホーム上では、崩れ落ちる菅野投手と、日体選手達の歓喜の輪。
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/ama/news/20110426-OHT1T00288.htm?from=related
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20110426-766795.html

日体は、スタンドの部員も号泣していました。
感動的でした。

辻投手の3連投は、志願登板だったのでしょうか?
気迫の粘投が、そんな風に映りました。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp3-20110426-766863.html

画像

試合後の球場外では、選手とブレザー組が抱き合っては泣き、
「辻コール」の大合唱!
素晴らしい試合を堪能させていただき、
また美しい光景を目の当たりにさせていただきました。

自分は、特徴のある良い学校を出たなぁ~と実感。
物凄いパワーを拝承いたしました。

日体は、これで勝ち点2。
まだ、3校との戦いが残っており、辻投手の疲労も心配ですが、
久方ぶりに母校の全日本進出を期待しています。

いや、こんなにいい試合を魅せていただいて、あまり欲張ってはいけないかな。
兎にも角にも、日体・東海 両校の皆さま、大変お疲れさまでした。

大学野球は、神宮だけではない!
こうした地方球場でも、素晴らしいドラマが生まれています。


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2011年04月27日 07:59
永遠の女子の憧れです☆
ザ・応援団。白い手袋。ぽわーーん。
って、わたしだけでしょうか?
元日体野球部スタンド組
2011年04月27日 09:10
すごく気になっていた試合のレポートをありがとうございました。
自分は、10年前に卒業したので、小林先輩のちょうど10級下にあたります。

今は、京都で中学の教員をしており、地元の後輩でもある辻君の熱投には大感激しています。

久方ぶりに、日体の優勝と、プロ選手誕生を期待しています。

またの観戦レポートを楽しみにしています。
どうもありがとうございました。

2011年04月27日 13:31
今日は、スポーツ紙にも、一般紙にも大きく掲載されていましたが、「基本菅野」でしたね。
小林先輩、最近、研究し過ぎですね。
甲子園→浜スタ→相模原・・・
そろそろ、広島・四国ツアーですか?
2011年04月29日 08:39
コメントありがとうございます。
返信遅れまして、大変失礼いたしました。

朝生りょうこ様

白手着用者は、団旗を扱う親衛隊員ですね。
硬派好きでいらっしゃるのですか? ^^
日体の援団は、凄く決まっていますよ!

そういえば、東海大学の応援団長は、高校の先輩だったと、記憶が蘇りました。
2011年04月29日 08:42
元日体野球部スタンド組さま

お読みいただき、またご丁寧なコメントをどうもありがとうございます。
辻投手の熱投、踏ん張りには観ている者の胸を打ちました。
素晴らしい技術とハートを持った選手ですね。

京都で教職に就かれているとのこと。
沢山の素敵な野球人を育成、輩出されてください。
2011年04月29日 08:45
日体の後輩さま

私も各紙拝読いたしましたが、概ねというか全て菅野一色だったよね。

箱根駅伝のテレビ中継で、日体があまり映してもらえない状況とオーバーラップしたよ。

そうね。
今日も研究だよ。
研究者には研究しかないからね☆(^◇^)

この記事へのトラックバック