プレゼンテーション

3月8日(火)、都内某所において、プレゼンテーションをさせていただきました。

営業マンでもない私が、何をプレゼンしてきたかといいますと、管理職研修の「模擬講義」です。

実は、某団体の外部委託講師選考に応募しており、1次選考の書類審査には通過していました。
第2次選考では、ある決められたテーマについて、私が管理職研修の講師だとしたら、実際、どのように講義進行するかをプレゼンさせていただいた次第です。

過去に、私と酒席等を共にされたことがある方は、
小林の奴は、ベラベラと調子良く喋るし、
遠慮なく言いたいことを言うので、
「名調子といかないまでも、まぁ それなりには・・・」 ぐらいに思ってくださる方がいるかもしれませんが、それは、大きな誤解です。

実は、大したことないのです。
こう見えて、結構 アガリ症ですし。 ^^;

ただ、野球部出身ですから、自然と腹から声が出ます。

また、社労士、診断士、行政書士、FP、キャリアコンサルタント、ハラスメント防止コンサルタント、社労士会や行政書士会、そして大学院・・・と、受講歴だけは豊富ですから、良い講師とダメな講師の線引きや見極めは、人並み以上に シビアであるつもりです。

早口に気を付け、キャッチーなキーワードを散りばめ、抑揚を大切に、自分本位にならず、聴者の心に響くよう、魂を込めてプレゼンしました。

もちろん緊張はしましたが、3名の審査員の方々は、プレゼン前の面接も含め、非常に真摯な態度で傾聴してくださり、おかげさまで、事前に話そうと思っていたことの8割方は ご披露できました。

これでダメなら仕方ないです。

大学院の論文指導教授に、
「小林さん、大学院では発表力と質問力です」
と ご指導いただいたことがあります。

大学院で私なりに培った発表力が結実したら嬉しいです。

「合否の結果は、3月23~24日頃に郵送で」
とのことでした。

合格できていたら、また新たな方向性が見えてきます。

一度目の大学時代は、教員志望でした。
一度目の夢は挫折に終わりましたが、
二度目の学生生活で学んだことをキッカケに、講師のお墨付きがいただけたら、努力して、奮励努力して、自分が理想とする名講師を目指していく所存です。

受かっているとイイですが、ダメだったら、また修業して出直します



ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック