修了証書を拝受し、数々のご芳情も拝承する

画像

一昨日、修了証書を拝受しに青山学院へ行って参りました。

数日前に書いたとおり、卒業式自体は中止となりましたので、
ややもすると、無味乾燥的な事務手続を想像していたものの、
当日は、着飾った女子大生や、応援団の演舞、
それから、キリスト教の学校らしく礼拝なども催されていたので、
それなりに旅立ちの雰囲気が 厳かに演出されていました。

画像

私は、ナメ過ぎの格好で出席しましたが、 <( _ " _ )>
偶然にも、非常に お世話になった方とお会いできたので、
記念撮影を1枚。

修了年次は一緒ですが、色々とご指導してくださる人生の大先輩です。
従業員が1万人もいらっしゃる企業の法務部長さんで、
私のことを主催されている勉強会へ入れてくださいました。

当該勉強会のNPO法人化を計画されていたりと、
公私共にバイタリティ溢れる方です。
そして、私が申すのも大変おこがましいですが、とても優秀な方でもあります。
今後共ご指導、ご鞭撻の程 宜しくお願い申し上げます。 <( _ " _ )>

画像

お世話になった学生証とコピーカードも返却です。
学生証を提示し、何度 映画の学生券を購入したことか。^^;
2年間の時限特権行使期間も、これにて終了です。

画像

画像

色々と心のこもったお品を 皆さまから ご恵贈いただきました。
綺麗なお花や銘酒にお菓子。

お酒は、日本酒、焼酎、シャンパン、ワインと沢山 拝承いたしました。
とっくに飲んでしまったものが大半でございます。
美味しゅうございました。
どうもありがとうございました。

画像

このような手の込んだ物まで恐縮の極みです。
私のような者への 細やかな お心遣い。
ホント、何と御礼申し上げてよいやら・・・ <( _ " _ )>


当日の夜は、先輩・後輩と、シャンパンで乾杯して、
焼肉を たらふく食べて、
ほろ酔い加減で帰宅したところ、1通の祝電が・・・

画像

こういうの、ゴイスーに嬉しいです。
感涙必至?
鬼の目にも涙?
後輩も、ツボを押さえているよね。 ^^

自分は、幸せ者であることを実感させられた、2年間の締め括りでした。
一定の成果も得られたし、
新たな人脈もできた。
立腹することもあったけれど、感動の瞬間も 何度 味わえたことか。
周囲から自分への評価も変わったことと思う。
終わり良ければ、全て良しだ。

ありがとう、青学。
ありがとう、皆様。
おめでとう、俺様。

って、マジに、お疲れ様だよね。
無理して行って、本当に良かった。

新年度は、学んだことを アウト・プットして参ります。
もちろん、学んだことを契機に、更なるブラッシュ・アップにも努めます。

シジューの手習い。
大学院での2年間は、年齢的な時期も含め、今後の飛躍を目指す意味で、
大きなターニング・ポイントになったものと自負しています。

これからも頑張るよね。


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2011年03月28日 08:57
すばらしいです。おめでとうございます。
それしかないですね(^^♪
ひらの事務所
2011年03月28日 09:23
おめでとうございます!!
お母様とのツーショットは?と思いながら。
♪たたかいからの・・・ですね!!!(こちらで今頃 笑)本当にゴイスーです☆いろんな気持ちを拝承中です。感謝感謝です。

よんじゅういっさいの春、新しい1歩もますます素晴らしいものとなりますように。
同い年だけどかーなーり下にいる後輩にステキなお背中を追いかけさせてくださいね。
2011年03月28日 10:53
小林さん、素晴らしすぎです。小林さんのような凄い方と、ブログを通して知り合えたことを、とても光栄に思います(お世辞じゃないですよ
2011年03月29日 07:06
クワバラさん、過分なお褒めの言葉をありがとうございます。

スペシャルな環境に身を置かせていただいて、なんとか付いて行ったというのが正直なところです。

小さくない満足が得られて良かったです。
2011年03月29日 07:12
ひらの事務所さん、コメントありがとうございます。

バア様は、ビジュアル的にヘビーですので、自粛させていただきます。^^

尾崎氏の歌は、自然と出てきました。
流行りの「桜…」とか爽やか系ではなく、「たたかいからの…」です。^^

初夏にはシジューニになります。
追いかけていただくような立派な背中を持ち合わせておりませんが、同年代として刺激し合えればいいですよね。
お互いに頑張りましょう!
2011年03月29日 07:18
くにもとさんもまた、大仰なコメントで恐れ多いですよ。^^;

僕は、國本さんのような立派な学歴が無いことが、ずっと心の奥に引っ掛かっていました。
「学歴が無い」というより、18歳のときに努力をしなかったことを後悔していました。
なので、1度は学校でしっかり勉強したいという望みを叶えただけです。

僕の方も國本さんの不屈の闘志には感銘を受けました。
その節は、本当に良かったです。

この記事へのトラックバック