後輩の起業

昨日、野球部時代の一級後輩が会社を興したというので、
朝一で はるばる戸越公園まで行って参りました。

大井町線で、大井町から3分の地にある戸越公園。
初めて降りましたが、昔ながらの商店街が連なり、
ほのかな人情感漂う良い所でした。

駅から歩いて4分。
後輩の会社玄関の呼び鈴を鳴らしたところ、
狼のような大型犬に出迎えられました。
ちなみに、私は チワワですら苦手というか、犬が全般的に怖いです。 ^^;

野球部時代、後輩には優しくしていたつもりです。
何で、こんな仕打ちを受けなければならないか不可思議でしたが、特に他意は無いようでした。 ^^

以後の会談中、大型犬は別室に監禁。
(でも、ドアに体当たりを繰り返し、非常にプレッシャーを掛けられましたが・・・)

後輩は、元々大きな不動産販売会社に勤めていたのですが、
くだらない派閥争いに巻き込まれ、
くだらないイビリ(理由の無い配置転換を半年ごとに5回など)を受け、
信頼していた役員が辞めさせられたことに義憤を感じて飛び出したそうです。

ただ、無鉄砲な独立でもなく、
ちゃんと宅建免許があり、優良顧客も引き継いでいて、羽振りは良さそう。
販売仲介の他に、アパート経営なんかもしていたし。

会社屋号が、まるで飲み屋のようでしたので、
「お前、これじゃぁ、不動産屋ってワカンナイじゃん?」
と問うたところ、
「いずれ、飲食店なんかもやって行きたいんですよ」
なんて言うので、そう簡単に行くものか疑問だったのですが、
実家が酒屋なので 仕入れルートを確保していること、大学野球部の親友が水商売の世界に明るいこと、その他同級生の弁護士なんかも噛んでくれるので、リスク・ヘッジも含めた準備は整いつつあるようでした。
その弁護士は、僕の中学時代の後輩でもあったので、「へぇ~」 って感じ。

後輩も40だし、厳しい業界で、色んな辛酸を舐めたりもしたのでしょうが、
たくましく、したたかに頑張っている姿には胸を打たれました。

野球部時代は、そんなに派手なタイプではありませんでしたが、
この先、華麗な成功を掴んでいただきたいものです。
人は変わりますね。色んな意味で。
実業家に弁護士の後輩かぁ~
いやぁ~参った。 ^^;

かつて、派手好みだった先輩の自分は、すっかり地味路線に移行し、
これからも地道にコツコツ頑張っていく所存です。
負け惜しみでなく、それで十分です。
四十にして惑わずかな。 ^^


ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。
     
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック