陽転思考という思考パターン

「陽転思考」 という考え方があるそうです。

新興宗教に絡んだり、イニシエーションとか、神がかり的な教えでは ありません。
たぶん。 ^^;

小田全宏さんという方によると、
陽転思考とは―
物事を太陽のように明るく転じて見ていこうという考え方です。
この世のあらゆる物事に対し、良いことも悪いこともすべて含めてありのままに受け止め、そこからさまざまな可能性を拓いていこうというものです。
〈陽転思考〉は絶望したり苦しんだりした時に、そこから逃避するのではなく、
真正面からその状況を受け止めて陽の方向性に導くというものです。
よく「ピンチはチャンス」といいますが、まさにピンチの時にこそ〈陽転思考〉は生きるのであり、チャンスに転じることができるのです。
苦しみを乗り越えた時、それがその人の人生に鮮かな光と深みをもたらすのです。
http://www.odazenko.jp/book/youten.html

と説明され、

和田裕美さんという方は、
今の私が頑張って生きていけるのは、「陽転思考」という考え方のおかげです。
これは、マイナス思考はだめといった、ポジティブシンキングとはちょっと違います。
私はもともと自信のないマイナス思考の人間だったので、
「マイナスは考えてはいけない」ということが守れませんでした。
そうなると輪にかけて落ち込むので、そういった規則を一切なくして、泣いてもいいし怒ってもいい、けれどそれを長引かせないで幸せな方向にシフトしていこうという考え方、つまり和田なりの「陽転思考」を作ってきたのです。
私は今でも落ち込んだり、怒ったりもしますが、陽転思考で切り替えることができるようになってから、早くそれを克服して、ほとんど心の根っこに残さないで、幸せな気持ちになれるようになりました。そこには「よかった」という思いや、「ありがとう」という感謝が生まれているのです。
事実はひとつ、考え方はふたつ。
仕事に失敗したとしても、もう後には戻れない。
それを後悔して「やっぱりついていない」と悩んでしまう人も、「この失敗で学ばせてもらった。これで謙虚になれた。ありがたいと思おう」と思う人も目の前にある事実は同じです。
同じ事実をどう受け止めるかによって、「幸せな方向」と「不幸な方向」に分かれていく…、それが人生であるならば、何が起こるかが幸せか不幸かを決定するのではなく、それを「よかった」と言って切り替える人に幸せがやってくるのです。
起こった事実は変えることができないでしょう? 泣いても笑ってももう元に戻らないでしょう? だから、どうせ生きていくなら、今の自分の人生で主役はあなたなのだから、前を向いて、涙ふいて、悔しくても理不尽だなと思っても、そのおかげで強くなれたり、そのおかげでやさしくなれたり、人の痛みや悲しみが分かったりする、大きな心をもらえるから、切り替えて無理やり笑って、「これでよかったんだ」って言ってください。
http://www.citywave.com/shiawase/2008/04/post_39.html

とおっしゃっています。

今日は、4月15日。
昨年の同日、交通事故に遭いました。
私にしてみれば、完全な もらい事故で、
結局 裁判となり、私の言い分が ほぼ全面的に通ったのが11月中旬。
和解金が振り込まれたのが11月末日。

事故当時、大学院に入学したばかりで、
行政事務所を併設して間もない頃でもありました。
ただでさえ、猫の手も借りたい繁忙期における予期せぬアクシデントは 殊のほか痛かったです。

新生活のストレスも相まって、かつて無い体調の変化を経験しました。
自分でも全く知らなかった 己の脆弱さでした。

その後、色んな方からの ご助力を賜って、今日も元気に頑張れていますが、
もしかすると、自然に 陽転思考にシフトしていたのかもしれないし、
陽転思考を意識していたならば、体調を崩すことは無かったのかもしれません。
そもそも、結果をグズグズ気にするあたりが陽転思考とは かけ離れているのかもしれない。

まぁ、いいです。
結果的に、事態は悪化せず、好転したのですから。


昨日、大学院の講義前に、新1年生から、
「小林さん、ブログ見ました」
と言っていただきました。

そこから少しお話させていただいたのですが、
1年生だけに、大学院生活と仕事の両立を大変気にされているようでした。

私も これからの1年が不安ですが、昨年同日に遭った不幸を思えば、小さなことです。
思えば、昨年 良い出会いも沢山ありました。
今年度も 既に色んな方からお世話になっています。
さらなる好転を期待して頑張ります。
お互い 今日も元気に頑張りましょう!! 



☆ ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2010年04月15日 12:36
ダメだ…感動してしまいました…(涙)
陽転思考~大事なことですよね~。
その際の人生観が変わります。
私も常にそれに意識して、前を見て歩いていきまーす。
ありがとうございました☆
2010年04月15日 14:33
陽転思考・・・。とても、大切な考えですね。良いことをご紹介くださった、小林さんに感謝です。
2010年04月15日 18:20
陽転思考!
ボクは本を読んだわけではありませんが、とても大切な考え方ですよね。
自分を守る、自分を幸せに導くためにも。

これからの1年間も仕事に勉強にものすごく大変でしょうが、お体だけはお大事にしてください!
2010年04月16日 17:18
コメントありがとうございます。

★アラフォー☆女性社労士さま
感動…って、和田さんの文章を読まれてですよね。
何か お辛いご経験を思い出されたのですか?
誰もが、大なり小なり試練と向き合わなければなりませんが、上手に乗り越えていきたいものですよね。
頑張りましょう!!

★くにもとさん
毎日、大変な試練と向き合っておられる國本さんは、上手なマインド・チェンジについて模索されることが多いものと拝察いたします。
完全に快方されることを祈念し続けております。
2010年04月16日 17:22
★みやざきさん
宮さんは、若いけれど、上手に気分転換が出来そうですね。
「自分を守る」という観点は、第一義に考えるべきなのかもしれません。
お気遣いありがとうございます。
頑張ります。

★ふくしまさん
先に紹介されていたとは、さすが先輩!
毎晩、屋形船で遊覧されているばかりではなかったのですね。
福島さんの事務所は大きいし、ナンバー2というポジション上、ご苦労も絶えないことと思いますが、たまにはストレス解消に参りましょう!

この記事へのトラックバック