プロフィールに悩んだ末・・・

昨日、4月からの連載が決まった某財団広報誌への第1回入稿を終えました。
2,400字という リクエストでしたので、内容のレベルはともかく、まぁサラサラッと書かせていただきました。
この辺は、大学院で培った、レジュメ作りの成果だと思います。
制作サイドからも一発OKをいただき、まずは一安心だったところ・・・

「小林さんのプロフィールも載せたいので・・・」

とのこと。

たまに ご依頼いただく研修の講師や、小冊子への執筆の際にも同様のリクエストがありますが、私には立派な学歴も、また企業人として誇れるような実績もありません。

ただ長く社労士をやっているというだけなので、せっかく依頼してくださった主催者側に対して、 「こんな奴でスミマセン」 的な罪悪感が働いてしまうのです。

なので、大概は 「社会保険労務士 小林浩志」 のみの記載で お茶を濁しているのですが、今回は そういう訳にもいかないようで、やや思い悩みました。

さらに、私の前任者がテレビ・ラジオに頻繁に登場されている著名診断士の先生でしたので、罪悪感も ひとしお・・・ ^^;

結局、ブログのフリーページに載せていることと大差無い内容で ご勘弁いただいた次第です。

-------------------------------------------------------------
1969年生まれ。大手総合スーパー(GMS)を経て、
現・社会保険労務士法人 こばやし事務所 代表社員。
1994年以降、社会保険労務士、行政書士、第一種衛生管理者、
2級FP技能士、キャリア・コンサルタントの資格を活かし、
15年以上に渡って、多数企業の人事・総務業務をトータルに支援しています。
日本体育大学 体育学部卒業。
青山学院大学 大学院 法学研究科 在籍中。
--------------------------------------------------------------

青学に通い始めたことが、私のノンポリ人生に 多少なりとも風味が加わった点でしょうか。
修了後に お引受けしていたら、2~3文字の違いで、読み手への印象も チョットは変わったのかもしれません。

自分のキャリアは数行で語ることではないけれど、折に触れ、語るべき場面も出てきます。

僅か数行に、見栄えが良いものを バシッと載せられる人は、それだけ努力や研鑽を重ねられてきたという証でしょう。

逆に、「あれやりました、これやりました」と、苦し紛れに、色んな事を無理やり引っ張って書き連ねている人のプロフィールを見ると、その人の帳尻合わせ的な生き方が見えるようだし、おそらく自分のキャリアにも同様の部分があるのだと思います。

世界2位で あんなにも悔しがっておられる浅田真央選手を観て、自分は本当に小さいと思ってしまいました。
比べるまでもないか・・・ ^^

今夕は、事務所に来客あり。
それまで、小市民らしく地道に仕事をしていよう!





☆ ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

2010年02月28日 11:39
こんにちは。小林さんの執筆をぜひ読んでみたいですね。ちなみに、どこの財団ですか?
2010年02月28日 15:19
くにもとさん、コメントありがとうございます。
ご期待いただき、恐縮です。
連載は4月からなので、掲載されるのは まだ先ですが、
財団法人国際研修協力機構の「かけはし」という広報誌です。
正式に掲載されたらご連絡させていただきます。

この記事へのトラックバック