法政大高校の常軌を逸した体罰

誤解を恐れずに申し上げれば、私は 体罰容認派です。

ただ、“最後の手段として” “愛情や教育的配慮のある” 「鉄拳制裁」 という前提条件付きです。

自分の経験も含め、ネチネチ、グチグチ 、ダラダラと、陰険にイビり続けられるくらいだったら、一発殴ってもらった方が後腐れなくていい。

極めて未熟である生徒には、拳でなければ伝えられない場面もあると思う。

殴られる生徒側が、殴る指導者側の意図するところが解れば、それは信頼関係であるし、生徒の成長にもつながるのではないでしょうか。

けれど、以下のような、教師という立場を最大限に利用した 「いじめ」 とも捉えられる暴力行為には強い憤りを覚えます。

相手が、やり返せないことを解っていての やりたい放題。
教師の異常行動とも捉えられかねないでしょう。
以下が、まぎれもない事実だとすれば、法政も大きなイメージダウンですね。

修学旅行なんて、生徒が浮かれて当たり前。
そして、本来 楽しい思い出になるべき行事で PTSD とは 本当に気の毒です。

私も一度は教師を志し、
理由あって、それを諦め、
今は大学院で、パワハラに関する調査研究をしています。

だからという訳でもありませんが、こういう事件は残念でなりません。
もはや、理想論なのかもしれませんが、教師という職業に就かれる方には、「人を育てる」 という重大な責務に対する高邁な精神を維持向上させ続けて欲しいです。


(以下、スポーツ報知より)
-----------------------------------------------------------
法政大学中学高等学校(法政高=東京都三鷹市、牛田守彦校長)は26日、男性教諭2人が北海道への修学旅行中、高校2年の男子生徒9人に殴る蹴るなどの暴行をしたり、正座させて頭から水をかぶせる、はさみで自分の頭髪を刈らせる、生徒同士を向かい合わせて互いをなじらせるなどの体罰が行われたと発表した。
 学校側は「常軌を逸した行為」として、全校生徒と保護者に謝罪。当該教諭2人への処分を検討している。

 北海道への驚きの“体罰修学旅行”は、1月14日から18日の4泊5日で行われた。4人の教諭が引率し、2年生の男女107人が参加した。

 体罰を加えたのは体育科の教諭(28)と国語科の教諭(36)。生徒が宿泊先の浴場で大声を出したり、携帯電話やゲーム機を隠し持っていたなどの理由で「生徒指導」として継続的に暴力行為をしたという。

 同校によると、暴行は主に食堂で行われた。殴る蹴るはもちろん、正座させてひざの上に食事用のトレーを何枚も重ねて載せ、しびれた足につまようじを突き刺した。1人の生徒は一晩中寝ずに正座させられたという。

 ほかにも頭から水をかけたり、はさみで自分の頭髪を刈らせたり、生徒同士で互いになじらせる…など、信じられない行為が行われた。

 ほかの生徒の物も含め、少なくとも15台の携帯電話が二つに折るなどして壊した。また、生徒の頭を殴ったゲーム機はバラバラに破壊した。

 18日に帰京後、目に余る行為を生徒が保護者に報告したことで事件が発覚。同校によると、暴行で生徒1人が3週間、別の1人が2週間のけがをし、警察に被害届を提出。

 「旅行に参加したほぼ全生徒が目撃して、精神的ショックを受けた」としている。中にはショックの大きさで、現在も登校できない生徒もいるという。

 2人の教諭は2年生の担任。体育教諭は2008年10月にも暴行騒動を起こしていた。文化祭での指導で、生徒に正座をさせて頭を殴ったことで、保護者から抗議されて謝罪。国語教諭も3年前にクラブ活動指導中に生徒を正座をさせ、学校から指導を受けていた。

 同校は法政大学グループ全体の問題として、増田壽男理事長(68)を責任者に、対策本部と懲戒委員会を設置。2人の教諭を自宅謹慎にして、処分を検討中。牛田校長は記者会見で「このような事態を引き起こしたことを深くおわびする。体罰を超えた内容。再発防止策を考えたい」と話した。
-------------------------------------------------------------








☆ ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

香菜子先生@上から目線の無責任発言かもしれないけれ
2019年02月10日 11:13
上から目線の無責任発言かもしれないけれど・・・暴力無し体罰為しの指導では真のアスリートへの道は開けないのでしょうか。アスリート育成の専門家でも研究者でもないただの素人の妄想幻想の綺麗事に過ぎないのかもしれませんが・・・

この記事へのトラックバック