内藤敗れ、亀田新王者に

画像

昨日、『坂の上の雲』 のテレビ放送と共に楽しみにしていた 「内藤ー亀田戦」 の結果は、3-0の大差判定で亀田選手が勝利し、見事 新王者となりました。
http://www.sanspo.com/fight/news/091129/fgb0911292231006-n1.htm

大した根拠があった訳ではありませんが、私は 亀田がパワーで勝負を制するものと予測していました。

それだけに、KOを狙わず、距離をとって確実に当てていくボクシングをするとは意外でした。
「3R KO」 を公言していましたしね。

あえて大言を吐いてみせ、アウトボクシングで錯乱させることが 戦前からの陽動作戦だとしたら、それはそれで 亀田選手の精神的成長なのでしょう。

が、個人的には もっと激しい 『ド突き合い』 が観たかったのが本音です。

放送中、「薬師寺ー辰吉戦」 と比較するアナウンスがありましたが、
昨日の試合は、『激しさ』 『荒々しさ』 『意地と意地のぶつかり合い』 という意味では差があったと思います。

亀田興毅選手は、2年前の大毅選手の 『反則負け→謹慎処分』以来、取り巻く環境の大きな変化から、より確実な勝利を目指したのでしょうか。

内藤選手の変形した顔に、無数のパンチがクリーン・ヒットしていたことが物語られました。
大差の判定にも納得です。
内藤選手の鼻は骨折したかもしれませんね。

23歳の新王者誕生。
3階級制覇を目指すそうですが、目指すからには一層の内面的成長を見たいと思います。
試合後だけは、相手の健闘を称える姿勢を見せ続けて欲しいですね。

内藤選手の今後は未定だそうですが、有効打は少なかったものの、まだやれる ナイス・ファイトだったと思います。
フットワークもスピーディーでしたしね。
35歳の選手に酷な話なのかもしれませんが、もう一度だけでも世界挑戦される姿が観られたら嬉しいです。





☆ ブログ・ランキングの上昇に ご協力ください!
下のボタンを カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック