自分の性格と上手に付き合う

昨朝 届いた回覧板に、再開発中の戸塚駅西口には 東急百貨店が出来ると書いてありました。
西友の跡地には 三和スーパーとのこと。

丸井がモディに業態転換したぐらいなので、高級路線は難しいと思われる戸塚ですが、果たして東急に勝算はあるのでしょうか?
住民としては 非常に楽しみですが・・・

昨夜、クラスメートの東急百貨店の方に、
「戸塚に東急百貨店が出来るんですか?」
と お尋ねすると、

「えっ、東急ストアじゃなくて?」
という お返事。

ウ~ン ・・・


東急不動産が開発した商業集積になるという話もあり、
真相や如何に?

画像


さて、タイトルの言葉 「自分の性格と上手に付き合う」 は、
中高の野球部で一緒だった無二の親友から貰った一言です。

30歳前後の頃、中小企業診断士の二次試験に落ちまくり、
気弱な私は、その都度 激しく落ち込みました。
不甲斐無い自分自身を責め続け、
駄目な自分の性格を 根本から変えなければならないと本気で悩みました。

意外と思われる方も いらっしゃるかもしれませんが、
私は プレシャーに弱く、修練したことを本番でパフォーマンス出来ないことが多いのです。 ^^;

親友に愚痴をこぼしたとき、

「お前、自分の性格なんて、そんな簡単に変わんないよ。
 試験は水物、不運だってある。
 失敗したからといって、すぐに いじけたり、自分を卑下するんじゃなくて、
 自分の性格と上手に付き合いながら、また頑張りゃいいじゃん
 自分のために頑張ってるんだから、周囲の雑音なんて 相手にしなきゃいいんだよ」

と言ってくれました。
その後、自分の考え方が大きく変わりました。

とにかく、自分は 何事に対しても 肩に力が入り過ぎていて余裕が無い。
つまり、バランス感覚が非常に乏しい。

今、思えば 「燃え尽き症候群」 のようにならなくて良かったです。
必死だった当時は、「紙一重」 「崩落寸前」 のゾーンに居たように思えてなりません。
とにかく、ちょっとした人の言動などが 気に障って仕方がありませんでした。
常に琴線に触れるようなピリピリした生活を 何年も保てませんよね。

行政書士試験のときは、適度に休息を入れました。
ブログで真情を吐露したりして、ストレスを溜め過ぎなかったことも奏功したのだと思います。
それでも、実際は アップアップでしたがね。 ^^;

まぁ、行政書士に受からなければ、今日のような 振り返りも出来なかったのかもしれませんが・・・


先日、ある方から助言を求められ、
「自分の性格と上手に付き合う」
の言葉を贈らせていただきました。

その後、霧が晴れたような お礼の言葉が届きました。
少しでも 苦しまれている方の お役に立てて良かったです。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

自己分析は 非常に大切なことと思います。
自問自答は 絶えずした方がいい。

仕事でメンタルヘルスの相談が増え、
大学院でメンタルヘルスの講義を受けている昨今、
まずは、自分で自分を救ってやることがヒントになるものと思えます。

そして、誰かからの 「たった一言」 が救われるキッカケにもなるのだということを。

かといって、甘ったれるばかりじゃなくね。
その辺の サジ加減が難しいんですけどね。。。 ^^;



ランキング上昇に ご協力ください!
Please click under the banner
カチッ ” っとワン・クリックお願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

Mr.T
2009年04月28日 11:35
肩の力を抜くことは難しいよね。
真剣であればある程、プレッシャーを感じるものだしね。

常に自然体でありたいもんです。

色々と挑戦し、勝ったり負けたり、泣いたり笑ったりしているコバちゃんだから魅力的なんだよ。

一見、茶髪にヒゲづらのチャラ男だけどね。
2009年04月28日 23:03
自分を責め続けていた毎日はとても辛かったです。
あれからは、マイペースで進めています。
「試験は逃げない!!」ですよね☆
小林さんに感謝していますm(_ _)m
2009年04月29日 23:04
コメントありがとうございます。

★Mr.Tさん
なんか、誉め殺しっぽい感じが恐いのですが、僕はチャラ男ではありません。
ちょっと、お歳を召した大学院生です。
以後、お見知りおきを。。。^^

★akiko☆さん
勉強だけならイザ知らず、
あきこさんの場合は、様々な試練を抱えられていらっしゃいます。
私のような者が 何をかいわんやですが、「もっと自分に優しくしてあげてもいいのでは?」と思ったのは事実ですよ。
ただ、ご自身が目指されるゴール、満足いく妥結点・・・色々な思いがおありですよね。
「人に優しく、自分に●●しく」
悔いのないように、自分の性格と上手に付き合いながらコーディネートしてくださいね。
何より、「健康第一」ですからね。

この記事へのトラックバック