無力感に茫然自失

昨日の夕方、都内某所で面接を受けてきました。
昨年末から目標としてきたことの最後の難関でした。

聞かれたことに、「立て板に水」の如く答えられればよかったのですが、
自分が想定していた質問は皆無で、
逆に、オール想定外のことを矢継ぎ早に畳み掛けられて面食らいました。

質問者は、百戦錬磨の弁護士さんでもあられるのですが、
それにしても、手も足も出ないとは この事。

終盤、いくつかのフォローの言葉をいただきはしたのですが、自分の無力感に暫し呆然となりました。
擬音語にすれば、「タジタジ」。
英語にすれば、There is nothing I can do about it でいいのかな?
そんなこと、どうでもいいか・・・ ^^;

とにかく、これ程までにレベルの違いを感じたのは始めてでした。
高校時代、プロ野球に進んだピッチャーと対戦したときも、内野ゴロぐらいは打ったし・・・って、違うか? ^^;

結果発表は10日後。
一縷の望みだけを胸に、思し召しを期待しています。

それにしても、予定開始時刻の1時間前に会場入りし、
始まったのが、予定開始時刻の1時間半後。
つまり、2時間半も 控え室で じっと待っていたのでした。

被面接者が10人前後 着席していたのですが、誰も一言も発しず。
非常に重苦しい空間でした。

2時間半の間、何日もかけて準備した想定問答集を ひたすら繰り返しながら、
結局、実際の場面では 何も聞かれない虚しさと儚さ。
何とも言葉に出来ません。 ^^;

帰りの道中は、脱力感と倦怠感が入り混じった 可笑しな感覚でした。
変な疲れ方。
妙な興奮状態でもあったし。^^

それにしても、また長い10日間を待つことになる・・・ ^^;
とりあえず、今から早朝割引の温泉にでも行ってきます。



ランキング上昇に ご協力ください!
Please click under the banner
     ポチッ

にほんブログ村 士業ブログへ

この記事へのコメント

2009年03月01日 09:34
You can meke it !!
koji☆
2009年03月01日 14:10
I hope so.^^
さとみ
2009年03月01日 14:12
現役の弁護士サンが面接をやるなんて…
ツッコミのプロですもんあせあせ(飛び散る汗)
怖いですねたらーっ(汗)
でも、そんなレベルの高い面接を受けている事がスゴイぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

私なんて想定外の質問が出てしまったら、テンパってしまい、後には何も浮かばなくなっちゃいそうですがまん顔
2009年03月02日 07:11
さとみさん、コメントありがとうございます。

被面接者である私のレベルは、チットも高くないですよ。
私もテンパリました。
参りました。
ここまでの経験は初めてでした。

ただ、全く希望が無い訳ではないので、結果発表を静かに待ちたいと思います。

この記事へのトラックバック