三傑三様

宮崎に着いた初日、南郷の西武キャンプまで足を伸ばしました。
南郷という地は、宮崎でも鹿児島寄りの、漁港と山林が複合した 選手を野球漬けとするに持って来いのエリアです。
要は、遊ぶ所が無いってこと。
宮崎空港から 60kmぐらい。
レンタカーで、ザッと 1時間ってとこですかね。
信号も少なく、きれいな日南海岸沿いを通りながら、あっという間に到着します。

私は、今年で 宮崎観光6回目ですが、かつて 南郷スタジアムの駐車場が満車になることなど、一度たりとてありませんでした。
しかし、今年は 2度訪れて 2度共が満車の状態。
少し離れた空地にレンタカーを置き、そこから球場までシャトル・バスで移動せねばならない始末。
まさしく、日本一効果ですね。

画像

球場に着くやいなや、紅白戦が始まり、いきなり松坂投手の登板でした。
超ラッキー!
ただし、レッドソックスからの球数制限があるためか、見るからに抜いた感じの雰囲気。
しかし、終盤は 力のある真っ直ぐとカット系のボールをビシビシ決め始め、まさしく非の打ち所の無い豪腕投手といった印象でした。
私などが言うまでもありませんが、メジャー18勝3敗の右腕は圧倒的ですね。

画像

岸 投手。
弓のようにシナル体と、ブレーキの利いたカーブ、
そして、捕手の構えたアウト・ローに寸分の狂い無くビシッと決まるストレートが魅力的。
細身ながら、昭和の名投手を彷彿させる怪腕投手のように思えました。

画像

元メジャー & ヤクルトのエースでもあった石井一久 投手。
投内連携など、本当にチンタラやっていましたが、ブルペンに入ると別人でした。
打者を威圧するような豪快なフォーム。
多彩な変化球に加え、要所で投げるクロス・ファイヤー気味の剛速球。
この人、WBCに連れて行った方が良いのでは?
円熟味溢れる技巧派 兼 本格派 ピッチャーに感嘆しました。


言うなれば、三傑三様。
日本を代表する三投手それぞれのパフォーマンスに惚れ惚れ。
筋肉増強剤を使わない日本の野球は最高です。

画像


前述の三傑の中で、一人だけ挙げさせてもらうとしたら、岸が好きかな。
個人的には 。
とにかく、柔らかい。
あのカーブは、私の青春時代の名投手である 江川→桑田の系統ですね。
繰り返しになりますが、昭和の名投手が平成の世に復活したようで嬉しいです。

いずれにせよ、野球は 間近で観るに限ります。^^
今度、野球場に行きましょう!



ランキング上昇に ご協力ください!
Please click under the banner
     ポチッ

にほんブログ村 士業ブログへ

この記事へのコメント

2009年02月17日 07:45
原監督は、URLの番組が好きだったのだろうか?
俺は大好きだった。
5時半からの再放送を毎日心待ちにしていたし、主題歌もまだ歌える。
最も好きなキャラは八幡センパイ。
番場と滝で特訓して、打撃開眼するシーンには泣ける。
以上。
大投手
2009年02月17日 08:25
岸の上を行くのがダルビッシュとオレです。
2009年02月17日 09:22
いや~うらやましいです!
テレビで見ててもワクワクしていたので…

松坂、石井のフォームは昔から好きですねぇ。
岸投手は昨年の終盤まであまり注目して観ることがなかったので、今年はWBCから注目していきたいと思います。ああいうカーブを投げられるピッチャーは貴重です!
2009年02月17日 17:30
コメントありがとうございます。

★O様
何で、そんなことを熱く語っているんだ?
オレは、ウルフ・チーフが、エビ反りハイジャンプ魔球を打つ話が好きだよ。

★大投手さん
ダルビッシュって生で見たことないや。
君のピッチングは何度もあるけど。
「松坂より上」説も多いよね。

★コジ@司法書士さん
宮崎、新婚旅行に如何です?
宜しければ運転手をさせていただきますよ。^^

岸のカーブは真横で観ましたが、物凄い落差でした。
おっしゃるとおり、他国にも有効でしょうね。
岸のフォームもカッコイイですよ。

この記事へのトラックバック