所属(愛情)の欲求

声が出ません・・・ 

森進一を通り越して、ルイ・アームストロング状態です。

今夜の英会話、どうすっかなぁ~
とりあえず、飴なめて、様子見です。

画像

ブログを始めたばかりの 2年3ヵ月前、マズローの欲求5段階説に関連した投稿 をしたことがあります。
前行のリンクは、まだ17本目の投稿でした。
読み返してみると、文体が固いし、オチも弱いです。
ちなみに、今日の投稿は 770本目。
たかだがブログですが、地道に積み重ねて参りました。
770の投稿で 得たものは 少なくありません。

さて、マズローの欲求5段階説とは、ご承知のとおり、
人間の欲求が、「生活 → 安全 → 所属(愛情) → 尊敬(承認) → 自己実現」 と高次元にアップしていくという考え方です。

先日、高校野球部OB総会の幹事 を務めました。

そのとき、「人間、『所属』 があるというのは とても嬉しいことのようだなぁ~」 と印象づけられました。

私が高校生だったのは20年ちょっと前ですが、
当時、私達を指導してくださった監督さんは、練習試合終了後などに、観戦に来られていた大先輩方(昭和20年代卒のOB)から厳しい叱責や説諭を受けることが多かったのだそうです。

伝統と格式を重んじる数名の大先輩方から、折に触れて、戒めの言葉を向けられ続けてきたのだとか。

今回、私ども事務局の不手際に対する 苦言・提言が、大先輩方から 恐らくあるのではないかと予測されていました。
不肖 私目は、幹事業務に一所懸命取り組んでおりましたので、正直なところ、「マジ? そうなの? ちょっと、勘弁してくださいよ・・・」 という心境。。。 ^^;
しかし、予想に反して、大先輩方は 終始 和やかに過ごされていました。

大先輩方も、もう70歳代~80歳代。
久々に開かれたOB総会に参加されることを喜ばれ、
お仲間や後輩達と酒を酌み交わすことを 心底 楽しまれているように映りました。
所属されている当会の居心地が宜しかったのでしょう。
また、後輩達を不甲斐無く思う気持ちが和らぎ、逆に後輩達から嫌われたくない思いが芽生えたのかもしれません。


昭和40年代に母校の監督を務められていた保健体育の先生も 本年 古希を迎えられたのだそうです。
母校の方は、数年前に 定年退職されています。
在学中は、非常に コワモテの先生で有名でしたが、やはり、スピーチの中で
「このような会をありがとう! 毎年の楽しみが出来ました!」
と、満面の笑みで大喜びされていました。

「所属」 すなわち、行く所がある喜びというのは 何事にも換え難い、嬉しいものなのでしょうね。


一昨日、社労士会の支部の選挙案内が送られてきました。
2年前、選挙名簿不登載について、ちょこっと(ガタガタ?)文句を言わせていただいた私の 「辞退理由書」 を例文に使っていたのには笑いましたが、支部に限らず、毎度 役員をやりたがる方というのは、「尊敬の欲求」 からかもしれませんね。

その方々を私も尊敬しています。
えぇ、もちろんですとも。 ^^



ランキング上昇に ご協力ください!
Please click under the banner
     ポチッ

にほんブログ村 士業ブログへ

この記事へのコメント

2008年12月04日 09:23
私は、会社の資料室に所属しています。
地下の暗い部屋です。
2008年12月05日 07:17
きちんと資料を整理して、
君自身も整理されてください。
(ウソ)^^

この記事へのトラックバック