「美女と野球」と酒

今日の甲子園行きは、降水確率60%のため中止にしました。
観戦記の投稿を期待してくださった皆様、スミマセン。<( _ ' _ )>
ただ、アタシも、どうせ行くならベスト・コンディションで行きたいですし、また、雨に打たれて風邪も ひきたくないもので・・・ ^^;

そして、昨日は やんごとない事情から神宮球場行きも断念しました。
荒波選手、 観たかったなぁ~

まぁ、甲子園も社会人野球も また次の機会を待ちましょう!
もう辛い試験勉強は 終わったんだし!! ^^

画像

そういう訳で、昨日もまた 一昨日と同じく、自宅で一日中 野球観戦(一部バスケのプレーオフを含む)を楽しみました。

「美女と野球」 By-リリー・フランキー

この本の前書きには、

「これといって趣味も興味も夢も野望もなく、日々、のんべんだらりんと過ごしています。好きなものといえば美女と野球くらいしかない…」

と、著者のコメントが書かれています。

私は、リリーさんのような深みのある人間ではありませんが、
志向についても、好きなものも同じ。
好きなものに あと一つ付け加えるとすれば 酒かな? ^^

画像


昨日は、久保田の千寿 を飲みながら、自家製お好み焼きをアテに、

 ・石井一と成瀬のピッチングに唸り、
 ・アイシンとトヨタの死闘に興奮し、
 ・今度は マー君の勝ち星を ふいにしたドミンゴに怒り、
 ・藤川球児の豪速球にシビレ、
 ・安房高校の三塁手のガッツ・プレーに拍手を送っていました。

ノンビリした良い休日となりました。

今日も 「美女と(?)野球と酒」 で楽しませていただこうかしら?

やっぱり、野球は イイね!
筋書きの無いドラマは最高!!


----家永光恵さんの「リリーさん像」 と 「美女と野球」の書評------------

謙遜家。
その文章から察するに、彼は鋭い観察眼をもち、正直者で、正義感が強く、電車の中で読む者をして、ツボにはまってしまってクスクス笑いを抑えられず、思わず向かいの席の人の様子を下からうかがわせてしまうほどの表現力を備えた人物である。
しかも扱うテーマは社会の差別から真の人間理解、そしてSEXから糞尿の世界までと幅広い。あまりの上品さに眉をひそめる向きもあろうかと思われるが、それは「解る人には解る。そんな世界である」と、本文にもある通りなのである。
なかなか考えさせられる部分もある深い1冊である。

---------------------------------------------------------


ブログ・ランキングに参加しています。
7位に上昇しました! ご協力感謝です!!
本日もまた、お力添えのワン・クリック ↓を お願いいたします。<( _ ' _ )>
にほんブログ村 士業ブログへ ← コチラを カチッと



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック