プロフェッショナル・ベースボール

画像


昨日は、広島 vs 巨人の練習試合を観ました。

はっきり言って、チームカラーとビジョンに欠ける巨人には見所が少なく、躍動感 溢れる広島野球には期待が強まりました。

不動の4番打者である新井選手の豪快なホームランはケタ外れに凄かったですが、189cm 95㎏の選手とは思えない機敏な身のこなしには鳥肌が立ちました。

嶋、栗原、東出、前田、緒方、尾形、そよぎ、松本、広瀬 … etc
生え抜き野手達を高レベルに鍛え抜いた指導力には舌を巻きます。
エース黒田も残留して男を上げました。

対して、谷や小笠原やゴンザレスなどの新戦力が加入したジャイアンツは、何処かピリッとせず、ちょっと ダレているようにも映りました。
まぁ、このチームを まとめあげるのは、簡単ではないのでしょうね


本日は、予定を変更して、巨人とヤクルトの二軍戦を観に行きました。
一軍よりも、断然二軍の方が見応えがありました。

悲しいかな、彼らがレベル・アップしても、フロントは すぐにFAや海外から大物を招聘してくるので、選手寿命を儚く終える者達が大半なのでしょう。

速射砲のようなノックを打っていた、福王二軍コーチのように、しぶとく生き残れる選手が1人でも多ければ良いのですが…

対戦相手のヤクルトのファームに、鈴木健 選手が居ました。
「鈴木 健が二軍かよぉ~」
と驚きを隠せませんでした。

私と同じ歳の選手で、全日本高校選抜の4番を打ち、
かつて、清原選手に 「俺の下半身と健の上半身があれば史上最高のバッターが出来る」 と言わしめた天才打者が10代~20代前半の選手達に混じってボールを追っていました。

古田監督も非情なところがあります。
そうでなければ、プロの監督など出来ないのでしょうが。。。


連れが温泉から出てこないので、ホテルのパソコンを借りて、ブログの更新をしました。
今日の20:10の飛行機で帰ります。
宴の後ですね。
また、明日から頑張らなくちゃ!

サンキュー宮崎!!!

この記事へのコメント

國本 豊
2007年02月27日 20:27
キャンプ巡り日記(?)、楽しく読ませていただきました。私は、野村監督の阪神就任時の秋の安芸キャンプ以来キャンプはご無沙汰です・・・。
小林浩志
2007年02月27日 22:56
國本さん、コメントありがとうございます。
私も高知に行きたいんですよぉ~
坂本竜馬に、四万十川のウナギ、山之内家など 興味深いポイントが多いですよね。
行政書士試験が終わったら、今年こそ行ってみようかな。

この記事へのトラックバック