高調期のバイオリズムだと良いのだけれど・・・?

おはようございます。今日は、用語の説明から入らせていただきます。


  以下、 フリー百科事典 『ウィキペディア(Wikipedia)』 から一部抜粋

バイオリズム(biorhythm) = 「生命」 を意味するバイオと 「規則的な運動」 を意味するリズムの合成語で、生命体の生理状態、感情、知性などは周期的パターンに沿って変化するという仮説、およびそれを図示したグラフである。

人間の場合は、身体 (Physical)、感情 (Emotional または Sensitivity)、知性(Intellectual)の3種類の波を用いて説明されることが多く、頭文字 P ,S(E), I と表記される。

これらのリズムは、一定の周期でくり返されるため、未来の自分の身体や精神の状態を前もって知ることができるとされ、その時の波形の高低で高調期、低調期などと区別されるが、高調期と低調期の切り替り点は体調が変動しやすいとされ、注意が必要な日とされる。

最近では元の意味から離れて、単に体調の波を言ったり、月経周期の隠語的言い回しとしてバイオリズムという言葉が使われることがある。

   以上、出典 終わり。


昨日も 急に所用が出来て、スタコラと事務所まで行って来ました。
内容は、正式に決まってから書きますが、もしかすると 当事務所にとっては、それなりに 大きな ウネリ が やって来るのかもしれません。

まぁ、ぬか喜びに終わるかもしれないし、それに内容が慎重を要する案件なので、過度の期待をしないよう、また即断即決をしないように意識しています。

昨年以降、自分の周辺がハプニング続きで、上記 バイオリズム的 に考えると、現状は 高調期なのだろうか? それとも 低調期の前触れなのか? なんて考えました。

いやはや、自分のように 直情的な人間は、統計など意識しない方が 物事は好転するのだろうか?
いやいや、そんな、漫画やドラマじゃないんだからねぇ・・・

仕事の上でも、私生活の上でも、時に 今後の自分の日常を左右する位の 大きな意思決定を迫られます。

伸るか反るか (のるか そるか)…漢字では こう書くようです。
ただ今 37歳、もうすぐ40歳。
高校時代の漢文の授業によると、40になったら惑わないそうです。

とりあえず、今日は代々木体育館に アイシン 対 トヨタ の全日本バスケットボール選手権の決勝戦を観に行って来ます。
会場の かなり前列のアリーナ席が取れました。

14:00の試合開始から NHK教育で放映されるそうです。
下記の顔が映し出されるかもしれません。。。^^;
(右は、同級生で 東京都を代表する?保健体育の大センセー / 06 JBL ファイナル会場にて)

画像


※ 今朝の ブログ・ランキングも4位です。
  毎々お読みいただき、本当に ありがとうございます。
  すみません、毎度 ご面倒をお掛けいたしますが
  順位アップのために 応援クリックを お願い致します。 人気blogランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック