TIME IS MONEY (時は金なり)

「時は金なり」。
言うまでもないことですが、 「時間給いくら」 という直喩ではありません。
「時間は お金のように貴重だよ」 という隠喩ですよね。

仕事をしながら勉強をしている現在は、この言葉の意味を痛感します。
昼休み時間、事務所に居る日は 応接室で勉強するし、
移動時間は、極力 電車を利用して 問題を解いたりしています。
一日に乗車を何度か重ねると、一行程あたりは短時間でも、合計時間は結構あったりします。

「時は金なり」。
勉強に限らず、仕事の効率化を図るにしても、この言葉の意味を実感します。
数年前に、思い切ってローンを組んで、戸塚駅から徒歩5分のところに事務所を移転しましたが、仕事量を処理するスピードが、バス便の不便な場所に位置していた頃とは雲泥の差です。
所轄の主要官庁(労働基準監督署、公共職業安定所、社会保険事務所)は、すべて徒歩圏内~電車で一駅の区間内に位置しておりますので、事務員さんにサクッと行って来てもらうことが可能となり、私自身は就業規則を作ったり、お客さんと会ったりすることに集中出来ます。

軽快なフットワークは、顧客サービスの最重要事項の一つと考えています。

学生時代に 時間観念の大切さを 今の爪の垢 ほどでも認識していれば、少しは人生が変わっていたかもしれません。
高校には1時間以上もかけて通ったのですが、道中は 少年マガジン や ヤングジャンプしか読まず、せめて片道分だけでも英単語を覚えたりしていたならば、少しは賢くなれていたのかなぁ~なんて考えることがあります。

3週間後の受験会場は、高校時代に 逆立ちしようが、バック宙しようが 到底入ることは無理だった、近付くことさえも恐れ多い、早稲田大学に決定しました。
とりあえず、大隈重信 公の銅像は見てこようと思います。

んっ、早稲田の創立者は判っても、自分の出身校の創立者が誰だか判らない・・・(^^;

クリックお願いいたします m(_'_)m 人気blogランキングへ

この記事へのコメント

Ken
2006年10月24日 09:33
おはようございます。
いつも日記楽しく拝読しております。

本当に、時は金なり、Time is money.ですね。
日々の細かな時間の使い方の積み重ねが大きな力となるのだと思います。

常に目標を定めて、努力を継続していて素晴らしいなあと思っています。
三週間後の試験、どうぞ頑張ってください。


Koji
2006年10月24日 14:08
Kenさん、こんにちは。
読んでいただいていることと、コメントをありがとうございます。
アタシは、ご存知のとおり、根が自堕落な人間ですから、何か決め事を作っていかないと、どんどん落ちていくだけですから、ナンダカンダと向き合うようにしています。
19日後は、Kenさんの母校で頑張ってきます。
終わったら、飲みに行きましょう!

この記事へのトラックバック

  • TIME IS MONEY (時は金なり) PART 2

    Excerpt: 以前、掲題のタイトルで、下記のような日記を書きました。 http://office-k-sr-koji.at.webry.info/200610/article_23.html Weblog: 歩到歩到(ぼちぼち)/ 右投右打の社労士が一筆入魂 racked: 2006-11-27 19:38