立っていればチャンプか!?

掲題の言葉は、昨日の亀田戦を見たガッツ石松氏のコメントだそうです。
「本人のためにならん」とも言っていたそうです。

「本人のため~」云々は別にして、「立っていればチャンプか」は、昨日の試合を端的に総括した専門家の声だと思います。OK牧場です。

TBSは大晦日に放映される「レコード大賞」を12月30日に繰り上げて、31日は亀田の初防衛戦をセッティングしていたと噂されますが、
19歳の未成年に社運を託した大テレビ局の力というのは、ボクシングの判定にまで影響を及ぼすのでしょうか?

数日前に、辰吉選手の記録と並ぶ、デビューから8戦目でチャンプ獲得という快挙を成し得た選手がいましたが、その選手は亀田と同じ階級だったかな?

大晦日は統一世界戦?そうだとしたら亀田選手は名誉挽回の大チャンスですね。
私が失礼ながら名前が出てこない「その選手」も、往年の名勝負・辰吉VS薬師寺の薬師寺になれる大チャンス。
まだまだTBSは亀田で引っ張るでしょう。

人気blogランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • どうもすっきりしませんな。

    Excerpt: まあ、昨日多くの人が思ったかもしれませんが、管理人もTVの前で思わず 「はぁ?」 と言ってしまいました。 Weblog: 管理人のHITORIGOTO racked: 2006-08-03 21:26