強い東京勢、帝京・早実が共に8強入り

甲子園のベスト8に、東西東京代表の2校、帝京高校と早稲田実業が勝ち残りました。
東西東京代表が2校とも8強に残ったのは1995年以来だそうです。

私は現在 神奈川県横浜市で暮らしていますが、高校時代は、東東京地区で野球をやっており、卒業後は東西東京の両地区で審判員をしていたことがありましたので、この快挙は嬉しく感じています。

私の高校在学中は、東京地区のレベルは高かったです。
高3時(1987年)の春の選抜は、全国4強に、豪打・三輪捕手(現オリックス・コーチ)の関東一高と、怪腕・芝草投手(現ソフトバンク)の帝京高校が それぞれ残りました。
準決勝では帝京が、決勝では関一が、それぞれPL学園の牙城を崩すことは出来ませんでしたが、当時のPLは、立浪(中日)、片岡(阪神)、野村(横浜)、橋本(巨人)を擁する お化けチームでしたからね(悠々と春夏全国制覇を達成)。

同年夏の選手権も、東東京代表の帝京、西東京代表の東亜学園(広島ドラ1の川島がエース)が共に4強入りを果たしました。

近年は、日大三高の全国制覇があったものの、東京勢の甲子園での目立った活躍は少なかったと思います。
東京予選の8強~4強のゲーム等を見ていても、神奈川のレベルと比べると、相当に落ちる印象を持っておりました(あくまで私見)。

それだけに、名門復活を果たした帝京・早実の今夏の野球は、力強さだけではなく、久々に東京のチームらしいスマートさ、クレバーさを存分に見せてくれ、懐かしさをも感じさせていただきました。

クレバーさの象徴のような、早実・斉藤投手、今後勝ち進むにつれ、連投が続くものと予測されます。
気持ちの強さも画面から伝わってきますが、右腕のケアには呉々もご留意いただき、息の長い、出来ますればアメリカで活躍するような投手となって欲しいと思います。

人気blogランキングへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック